台湾奨学生が一堂に集まるレセプション


スポンサーリンク




 

みなさん、こんにちは。

台南の生活にもようやく慣れ始めてきたDr.Kです。

さて、今日は2017年度台湾奨学金に合格した人が一堂に集まるレセプションが10月2日に台北市の財団法人張栄発基金会というところで開催されました。

 

今回のレセプション(歓迎会)についてご紹介する前に、ぜひ日本人の皆さんには、この財団法人の名前にある「張栄発」という名前は心に刻んでおいてもらいたい台湾人の名前です。

 

みなさんはこの人のことをご存知でしょうか?

この張栄発氏は、2011年の東日本大震災の際に、個人名義で10億円という大金を日本のために寄付してくださった方なのです。もしかしたら、名前にある「張栄」という二文字が想像できた人もいるかもしれませんが、なにを隠そう、この人こそがあのエバー航空の創始者なのです。残念ながら昨年お亡くなりになられましたが、その名前は今なお多くの人の心に刻まれていることでしょう。

 

台湾奨学生に選ばれただけでもハッピーなのに、財団法人張栄発基金会で歓迎会をしていただけるということでとても光栄に思いました。成功大学からは計12名、南台科技大学、 崑山科技大学の奨学生とともに計約40名が1台のバスに乗って台北市まで行きました。

片道約5時間以上の長旅に到着したときには、もうへとへとでした。

 

レセプションのスケジュールはどんな感じ?

台湾の全土から台湾奨学生がこの会場に集合しました。レセプションの主な流れは上手のスケジュールの通りです。

 

台湾奨学金には、大きく教育部、外交部、科技部の3部門の計4種類あるようです。日本の場合は、台湾教育部の台湾奨学金と教育部華語文奨学金の2種類が提供されています。国によって提供される奨学金に違いがあるようです。

 

〇歓迎会のおおまかな流れ

 

生徒は現在生きている

大學ごとに指定されたテーブルに座り、自分の名札をもらい首にかけて待機

その後、係の人に連れられて奨学金の種類別にそれぞれ異なる会議室に入る

約1時間に及ぶ奨学金に関する規定事項の説明

その後、地下1階にある大広場に移動し、奨学生全員が集合。15時より主催者たちの長い演説が始まり、退屈しながら聞いてました。

演説後、台湾人の若者たちによるパフォーマンスや過去の奨学生による台湾生活の体験談を聞いたりしました。

そして、待ちに待った食事の時間の到来。各国ごとに指定された席に座り、他の日本人奨学生と情報交換をしたりしました。正直、今回ぼくがこの歓迎会に参加した目的はここにあります。異なる大学の日本人の意見をいろいろと聞けて参考になりました。ちなみに、政治大学の人はすでに9月と10月分の奨学金をすでにもらったということで、やはり大学によって支給される奨学金の時期が違うことがこれではっきりとしました。

 

さて、食事ですが、バイキング形式と期待していたのに見事に裏切られ、タピオカミルクティー、ちまき、ムーンケーキ、文旦などでした。わざわざ台南からバスで5時間かけてきたのに。。。。

そして、17時ころには歓迎会も終了し、解散となりました。会場には余った文旦や軽食がたくさんありました。ぼくは堂々と余った文旦を5個袋に入れて持ち帰りました。今振り返ると、なんであんなくそ重たい文旦を5個も欲張ったのだろうか???とばかばかしく思いました。

 

以上が歓迎会の流れです。

 

歓迎会でもらった奨学金に関する規定事項の書いた冊子とメモ帳

台湾奨学生のレセプション会場の様子

ここが会場の財団法人張栄発基金会です。ちょうど、中正紀念堂の隣にありました。

端のほうにいる若い人たちは、各大学からのボランティアのような学生さんたちでした。みんな流暢な英語を話すので驚きました。

 

写真をご覧にいただければわかるように、会場には世界各国からさまざまな国の学生たちが集っていました。

2017年台湾奨学生のための歓迎会に関する情報

 

〇今回、10月2日(月)に開催された2017年台湾奨学生のための歓迎会には、世界74か国、600名を超える奨学生が参加。

 

〇今年で第13回目を迎える台湾奨学金(全種類の奨学金を含む)を獲得した外国人留学生は、計84か国、総計1490人となり、過去最高を記録。そのうち、台湾政府が推進する新南向政策(主に東南アジアとの外交関係を強化する政策)の対象国からの奨学生が昨年に比べて148人増加し、計363人となった。前年比約70%増。

 

 

今回、歓迎会に参加して感じたこと

 

〇奨学生の比率をみると、圧倒的にアセアン諸国やアフリカからの学生が多かった。

 

〇奨学金に関する説明会もたいして目新しい情報もなく、別に参加する必要もなかった。

 

〇歓迎会のドレスコートが一応「スマートカジュアル」という指定がありましたが、別にTシャツにジーンズで行っても全然問題なし。ただ、革靴かスポーツシューズがベスト。サンダルはNG。

 

〇提供される食事に期待できない。

 

〇別にこの歓迎会に参加しなくてもいいが、ほかの日本人奨学生との情報交換や外国人と知り合うにはもってこいの機会。ただし、時間に制限があるのでなかなか、ゆっくりと話すというのも難しい。

 

 

 

 

今後、台湾奨学金に応募予定の人への役立つアドバイス!!!

みなさん、こんにちは。

来年あたり、台湾の大学(院)への正規留学を検討されている人たちの中で台湾奨学金に応募しようと考えている人も多いと思います。

そこで、台湾奨学金の応募にあたり事前に最低限の情報を持っておくことは必ず役立つと思うので、台湾奨学金合計5年分獲得者のぼくが今になって思う台湾奨学金の申請にあたり事前に知っておいたほうがよい情報をお伝えします。

台湾奨学金について事前に知っておくべき情報

其の一 台湾奨学金には多少不平等な点が存在する

過去の台湾奨学金の応募要項をみたことのある人ならば当然知っているだろうが、修士と博士課程ともに月額2万元の生活費と1学期あたり4万元までの学費補助がでます。そして、この上限4万元を超える部分は自己負担というルールなのですが、実は、大学によってはこの上限4万元を超える金額を全額大学側は負担してくれるところがあります。では、補助してくれる大学はいったいどこなのか?それについては、以下のリストに明記ある大学が対象となります。

 

☛2017年度臺灣各大學對臺灣獎學金受獎生學雜費優惠表

残念ながら、ぼくの通う成功大学は対象外でした。2016年までは対象だったのに。。。むかついて大学に「なぜ今年は補助がないんだ」と質問すると、奨学生も申請すればアルバイトできるから足りない分は働けばいい、との返事でした。

不足分を自分で負担する道理は当然理解できます、台湾奨学金の応募要項の規定にそうあるのだから。しかし、大学によって補助がでるところとないところがあるのはどうみても不公平だと感じますね。同じ台湾奨学生として台湾で勉強するのに、なぜ大学が違うだけで奨学金に関する待遇が異なるのか、不平等としかいえない。

ですから、来年以降台湾の大学(院)を受験し、且つ台湾奨学金を申請しようと考えている人は、事前にこの「臺灣各大學對臺灣獎學金受獎生學雜費優惠表」をみて自分が受験しようとする大学がこのリストにあるかどうかを確認するほうがいいです。逆に言えば、このリストにのっている大学を優先的に受験すれば、合格後の金銭的負担もかなり軽減できますよ。

其の二 台湾奨学金の書類選考の合否は「学習計画書の内容」の出来具合で決まる

 

奨学金の申請書類に最終出身校の成績書の提出がありますが、応募者の中にはこの成績書の良し悪しが奨学金の合否に影響すると心配する人も多いと思います。しかし、ぶっちゃけそんなの関係ないとぼくは言えます。

なぜか?って。それは、僕の大学の時の成績がGPA換算で2.2程度、ABC評価ではBとC、そして落第科目があっても、修士と博士で合計5年分の奨学金をゲットできたのですから。

その三 推薦状の内容なんて適当でいい。

応募書類に推薦状2通を提出しなければいけません。神経質な人はこの推薦状の内容をかなり重視したり、心配したりします。しかし、ぼくに言わせれば推薦状に神経を使うのは全く時間の無駄です。

ぼくは、大学申請用の推薦状や奨学金の推薦状などこれまで、すべてネットから推薦状のテンプレートを適当にし、それを自分で少しレイアウトして推薦状を自分で作成してきました。そして、最後に推薦者にみてもらって署名とハンコだけもらって完結です。それで、結果全部合格してきました。

書類選考する担当者の身になればすぐにわかりますが、何十通或いは何百通と送られてくる応募書類ひとつひとつに注意深く目を通すなんてふつうしませんよ。応募書類を過不足なく提出していればそれで十分です。あとは、学習計画書の中身次第です。

其の四 とりあえず、英語か中国語のどちらだけは中級以上のレベルにしておくべし

例えば、台湾奨学金の応募にあたり、どうしてもTOCFL(台湾主催の中国語能力試験)が提出できない場合の手段として、とりあえず、英語コースの大学(学部)を受験します。その際、TOCFLの提出は不要となりますが、英語の資格証明の提出は必要となります。そこで、早い時期にTOEIC(読解、聴解以外のSWテストも必要)を受験し、TOEICの証明書を提出できるようにしておきましょう。

そして、とりあえず無事に台湾奨学金と大学ともに合格できるようにします。合格後は、大学に入学してから専攻を変更することもできるので、その時に英語コースから中国語コースの学部に変更をするという方法もあります。

其の五 できれば、実際に受験予定の大学に足をはこんでおこう

自分が受験しようとする大学とその学部を見学し、更にそこに通う日本人学生や教授、スタッフをつかまえて大学の概要などについて情報を入手しておくことがベター。

そうすることで、学習計画書や志望動機を書く際にも大いに役立ちます。事前に見学もせず、入学後にはじめて大学を訪れた際に「ええー、こんな大学なの?想像と全然違う」などと後悔する可能性もあります。

其の六 台湾奨学金応募の対象者はその年の9月入学者のみ

これまで台湾の大学への入学月は毎年9月でしたが、近年では2月入学もできるようになりました。つまり、年間2回の入学チャンスがあるわけです。日本の高校3年生にすれば、3月に高校卒業後、すぐに台湾に行って大学生活ができるというメリットがあります。しかし、台湾奨学金は、この2月入学の人は応募できません。あくまで、9月入学者のみですので注意してください。つまり、2017年度の台湾奨学金の応募対象者は、2017年9月に台湾の大学(院)に入学する人が対象となるということです。

其の七 大学受験にあたり専攻はひとつに絞ろう

台湾の大学(院)を受験する際、通常2~3校、多ければ5校くらい応募する人が多いと思います。その際、自分の専攻はひとつに絞ったほうがいいでしょう。ぼくは、修士の際に3校ほど受験しましたが、中国語教育、環境学、日本語学とばらばらの専攻を受験しました。

今思えば、ぼくの行為はあほの一言につきます。異なる専攻を受験するデメリットとして、大学提出用の研究計画書を何通も用意しなければならないことがあげられます。例えば、受験校が5校で専攻も5校ともばらばらだと研究計画書の作成に膨大な時間と体力を要します。それよりかは、専攻科目をひとつに絞れば、研究計画書も基本的に一部作成すれば、どの大学にも少しの修正作業だけでそのまま提出できます。

また、台湾奨学金の面接まで進んだとしても、面接官になぜ異なる専攻がいくつもあるのか?と当然つっこまれます。このように、のちのち自分で自分の首をしめるようなあほな行為はしないようにしましょう。

その他のアドバイス

〇第一志望の大学に不合格となっても、どっかの大学にさえ合格できれば台湾奨学金はもらえます。

〇台湾奨学金の面接のときの服装はカジュアルでもOK。でも、心配なら正装でいくべし。ちなみに、ぼくはノーネクタイの半そでのワイシャツにスーツのズボンでした。

〇台湾奨学金合格後に実施される合格者向けの講習会には不参加でもOK.ぼくは、過去2回とも不参加。

〇修士や博士課程の学生は、毎学期の履修科目の平均得点が80点未満だと次回の奨学金がストップしてしまいます。しかし、普通にやっていれば80点くらいとれます。院生以上は、毎学期の履修科目数は、9単位(3科目、)多くても12単位(4科目)までにセーブするほうがいいでしょう。4科目でも相当ハードだとは思いますが。理想は毎学期3科目を履修し、その分たくさん勉強して高得点を狙うほうが無難ですね。

ぼくは修士のときに調子こいて1学期に5科目も履修してレポート地獄でえらい目にあいました。まあ、それでも80点以上は取っていましたけど。

 

なにか他に質問あれば、別途以下よりコメントしてください。

スポンサーリンク



まさか。。。。ほんま頼むよ!!!台北駐日経済文化代表処

みなさん、こんにちは。
以前のブログで僕が2017年の台湾奨学金に合格したことについて報告しました。
そして、最終的に「台湾奨学金証明書」が郵送で届いてやっとひと段落というシナリオだったんですがね。。。

台北駐日経済文化代表処、日本で言えば大使館に相当するような公的機関がありえないつまらないミスをやってくれました。まあ、結果を先に言うと問題は無事に解決されました。

では、いったいどんなミスをやらかしてくれたのか?以下の画像をご覧ください。
赤色の線を引いたところを見てください。2か所を比べるとあることに気づきませんか?

そうです、上の赤線では奨学金の受給期間が3年なのに、下の英文のところでは2年となっているのです。ぼくが、たまたま奨学金証明書を眺めていて気付いたからよかったものの、もしこのまま台湾へ渡っていたらどうなったことか。。。

ミスに気付いたぼくはすぐにメールで台北駐日経済文化代表処に連絡して訂正を依頼しました。そして、後日修正版を手配してもらうことで事なきを得ました。
しかし、公的機関の職員がこんな単純ミスをするなんて普通の感覚では考えられませんね。まあ、台湾だから。。と言ってしまうのも他の真面目な台湾人に対して失礼な話ですが。

教訓としては、必ずどんな書類も自分の目で確認をしましょうということです。みなさんも特に重要な書類などに目を通すときは最低3回くらいはチェックするのがいいかもしれませんね。

台湾奨学金の講習会について

2017年度台湾奨学金合格者の講習会は、7月29日に開催される予定です。
しかし、ぼくは参加しません。僅か1時間半の講習会のために新幹線で行くのも
お金と時間の無駄ですしね。過去の講習会も行きませんでした。
講習会に参加しなくても奨学金の資格は剥奪されませんなら、参加なんてしません。

ちなみに、講習会の内容というのが、過去の奨学金受賞者の経験談スピーチと本年合格者同士の交流及び奨学金関する注意事項だそうです。
正直なところ、別に遠方から参加する必要性を感じません。ぼくは、すでに昨年の奨学金合格者のAMIKAWAさんという先輩から情報を収集済みなので、特に問題はありません。

 

現在、ブログのランキングに参加しています。
あなたの一票をもらえると、ブログ更新の励みになります。
ご協力お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村

你想來日本留學嗎? 日本政府,地方政府,民間機構給你獎學金喔!!

台灣,香港,中國的朋友們!!
你們喜歡學日語嗎?
你們想來日本留學嗎?
我想去日本留學,但沒有錢去日本留學!!
不用擔心,其實日本政府,地方政府,民間機構會提供獎學金給外籍留學生喔!!!
請參考一下資料.

你可以從此下載.日本留學獎學金資料

現在、ブログのランキングに参加しています。
あなたの一票をもらえると、ブログ更新の励みになります。
ご協力お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村

 

過去に台湾奨学金を獲得した日本人のデーターを一挙公開

みなさん、こんにちは。
以前にもブログで台湾奨学金についての詳細を書きました。
今日は、過去にどれだけの日本人が台湾奨学金を獲得し、どの大学で学んでいるのかについてお話をしたいと思います。

男性と女性いったいどっちが奨学金をもらっている割合が多いのか

次の表は、2010年から2016年までの過去7年間における台湾奨学金の獲得者数を性別で比較したものです。過去7年間で合計127人の日本人が台湾奨学金をもらって台湾で勉強しているんですね。年間に約18名の採用枠があることがわかりますね。
こうみると、今年2017年の採用枠は20人だったので申し込んだ人はラッキーだったと言えますね。

(出所:台北駐日経済文化代表処 「99年至105年日本地區臺灣獎學金相關統計」)

この表をみると、女性のほうが圧倒的に多く奨学金を獲得しているのがわかりますね。ただ、この表からは応募者数の性別の内訳が示されていないので、この数値だけで女性のほうが優秀だとか有利だとは言えませんね。

日本人奨学生は台湾のどの大学で勉強しているのだろうか?

上の表とグラフは、台湾奨学金を獲得した日本人学生が台湾のどの大学に在籍をしているかを示しています。
この統計をもとに、ランキング形式にしてみると次のとおりとなりました。

第一位:台湾大学 32人

第二位:政治大学 24人

第三位:師範大学 18人

第四位:成功大学 8人

第五位:輔仁大學 7人

断トツで台湾大学が多いですね。次いで政治大学、師範大学、成功大学といずれも台湾ではトップ校に挙げられる国立大学です。台湾人だけじゃなく、日本人も進学のときはやはり大学のブランド名を重視するようですね。
また、どうやら台湾の国立大学を志望する人のほうが奨学金に合格しやすいのかなと個人的に感じました。

 

追記

追記台湾奨学金をもらっている外国人の現状

台湾政府は、当然日本以外の国にも台湾奨学金を提供しています。そこで、他の国では何人くらいの人が台湾奨学金をもらうことができるのかな?と思い少し調べてみました。その結果は以下の通りでした。

 

2017年度台湾奨学金及び教育部華語文奨学金をもらっている他国の現状

韓国           台湾奨学金6人        教育部華語文奨学金 提供なし

シンガポール 台湾奨学金5人            教育部華語文奨学金 3人

ベトナム     科技部台湾奨学金12人 教育部華語文奨学金 提供なし

マレーシア     科技部台湾奨学金3人   教育部華語文奨学金 提供なし

備考:ベトナムとマレーシアにおいては、台湾科技部から奨学金が提供されており、修士と博士課程進学者のみ対象で月額NT$30,000です。しかし、学費等は全額自己負担です。
この他に、米国、英国、ドイツ、タイ、インドネシア、ミャンマー、フィリピンなども調べてみたのですが、2017年度台湾奨学金に関する資料はありませんでした。

ちなみに、今年の日本人枠は、台湾奨学金20人、教育部華語文奨学金12人でした。こうみると、日本人はかなり恵まれています。おそらく、この奨学金は台湾との関係具合が奨学金採用枠数に影響を与えるのではないでしょうか?
いずれにせよ、日本人の奨学金合格者は台湾に行ってもあまり外国人クラスメイトに台湾奨学金をもらっていると言わないほうがいいですね。要らぬ反感をかう可能性がありますから。

現在、ブログのランキングに参加しています。
あなたの一票をもらえると、ブログ更新の励みになります。
ご協力お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村