富山縣的不可思議的風景(富山県の不可思議な風景)

大家好!

我是Kano。

我上次開車去富山縣,經過高速公路時看到了富山縣的美麗田園風景。由於我開車,害我不能一直欣賞著其美麗的風景。我必須好好地注意安全。開著車時看到了一些不可思議的風景。

不可思議的風景!!

其一 :富山縣的每一間房子周邊都種植著很多樹木。

這些樹木叫做「防風林(ぼうふうりん、英語:windbreak)」,是為了擋風(為了避免颱風導致的風災)而種植的人工樹林。富山縣的防風林另有「屋敷林」的別稱。從地理位置來看,由於富山縣的位置於日本海北陸地區,因此被命為暴雪地帶。每到冬天時,暴風暴雪使此地區帶來很大的災害。

 

其二:富山縣的每間房子的瓦幾乎都是黑色的。

富山縣的民房的屋瓦大多數是黑色的,為何呢? 如上述說,這個地區是暴雪地帶,因此每年冬天時受暴雪堆積,因此壓垮房屋。為了避免暴雪堆積而壓垮房屋,所以他們使用黑色的瓦。因為黑色的瓦會吸收陽光的輻射熱,而其熱可以融掉雪。順便來看看其他暴雪地帶的房子如何預防積雪壓垮房子? 福井縣的房子使用銀色的瓦,石川縣小松市的房子則使用朱色的瓦。每個地區都有各式各樣的特色,真的蠻有意思的。下次大家有機會到這些地區時,務必親眼看一下喔。

 

先日、車に乗って富山県に行きました。途中、高速道路を走っているときれいな富山県の田園風景が見えてきました。運転をしながらなので、あまりその美しい風景に浸ることはできませんでした。安全運転に注意しながらちらっと風景を楽しんでいると、突如2つの不可思議な光景を目にしました。

 

その一 民家の周りに大きな木がたくさん立っている。

富山県にある民家はどの家も周りに大きな木が立っていました。調べてみると、これらの木は「防風林(ぼうふうりん、英語:windbreak)」と呼ばれるもので、台風などの風害から家屋を守るために家の周囲に大きな木を植えるらしいです。富山県ではこの防風林を別名「屋敷林」ともいいます。地理的にみると、富山県は日本海側に属し県内全域が豪雪地域に指定されています。また、この地域は昔から強風による被害が多いため家を守るために防風林を家の周囲に植えるのです。

 

その二 どこの家屋もみな瓦が黒色。

富山県の家屋の瓦はその多くが黒色です。「なぜだろう?」と調べてみると、前述のようにこの地域は豪雪地帯で冬になると大雪が降ります。そうすると、当然家の屋根に大量の雪が積もるとその重みで家が倒壊してしまいます。そこで、屋根の雪を落とすために黒い釉薬(ゆうやく)と呼ばれる薬品成分を瓦に使い、雪を滑りやすくしていのです。まあ、たしかに黒色は熱を吸収しやすい性質があるので、それで雪が早くとけるということなんでしょうね。ちなみに、ほかの豪雪地帯の瓦の色はどうなのかな?と思って調べたところ、福井県では銀色の瓦、石川県小松市では赤色の瓦が使われているそうです。その風土にあった家の特徴があるんですね。実に奥深いですね。

岐阜縣下呂溫泉合掌村 有趣?的照片

Dr.K日語小考試

大家好!!!

我這次訪問岐阜縣下呂溫泉合掌村。

我走在合掌村時看到有些有趣的東西於是與大家分享喔!

Part1 照片中的春夏冬中到底什麼意思?你知道嗎?

IMG_1372

答案:現在營業中的意思。

為何?因為春夏冬裡沒有秋天,沒有秋天的日語是秋がない→あきがない→あきない→商い

商い就是做生意的意思所以變成營業中。

大家明白了嗎?

Part2

這張照片是在岐阜縣下呂溫泉合掌村拍的。

這個村里有很多カエル(青蛙)。

為何在這裡有很多青蛙呢?

答案

這個地區是下呂溫泉。是個非常有名的泡溫泉地區。下呂的發音是げろ→ゲロゲロ→

青蛙的鳴叫聲所以有很多青蛙的。

好無聊耶。

岐阜縣下呂温泉合掌村

大家好!

我今天去岐阜縣下呂温泉合掌村。

スライドショーには JavaScript が必要です。

(下呂溫泉合掌村的簡介)

下呂溫泉合掌村是個以國家指定的重要民族文化財產「舊大戶家住宅」為首,重現白川鄉等等十多棟合掌村式建築的民家,將其易地重建,包括有記載當時生活狀況的野外博物館的觀光景點。在這個地區附近有很多溫泉,下呂溫泉(げろおんせん)是岐阜縣下呂市的溫泉。林羅山將此溫泉、有馬溫泉、草津溫泉合稱日本三名泉。

我這次住的飯店是KKR下呂しらさぎ。大人兩天一夜(含晚餐、早餐),房間和式8畳日幣15500 圓。我覺得這個飯店的溫泉對皮膚很好,甚至有皮膚過敏的我也覺得溫泉的水質很好,皮膚會變成滑溜溜的。加上,晚餐和早餐也很好吃喔!!!這個價錢真的滿划算的。下呂温泉合掌村早上8點就開始朝市,小店的老闆們賣道地的泡菜、餅乾和蔬菜等。我去的時候看到很多台灣人,真的沒想到這麼多的台灣人來這裡觀光,真的人山人海阿!

岐離這家飯店到下呂温泉合掌村走路大約6分鐘。

說起合掌村,很多外國人去的是白川鄉合掌村,不過這裡下呂温泉的合掌村也值得去看看耶。

 

 

 

みなさん、こんにちは。
今回、ゴールデンウイークの旅行として岐阜県下呂温泉合掌村に一泊二日で行ってきました。
まず、宿泊した宿ですが、KKR下呂しらさぎという宿で和式8畳の部屋で夕食と朝食付きで大人一泊しめて15500円というお手頃な価格でした。
食事も写真をご覧いただければわかるとおり、とてもきれいな日本料理で味も納得いくのいくものでした。
何より、温泉好きのぼくには日本三名泉のひとつである下呂温泉でキレイな夕焼けをみながらゆっくりと温泉の良さを味わうことができました。
ぼくは皮膚アレルギーで乾燥肌の持ち主ですが、そんなぼくでもここの温泉にはいると皮膚がとてもすべすべになりました。
また、足裏と全身用のマッサージ機があり無料で思う存分リラックスできました。もう最高の気分でしたよ。
さて、翌朝は8時半から始まる朝市に行ってきました。当ホテルより徒歩約6分ほどの距離です。早朝にもかかわらず、多くの台湾人観光客が
みかけました。なぜこんなところに多くの台湾人がいるのか?不思議に思いました。朝市では、地元の漬物、野菜などを販売しています。
この朝市を見た後、合掌村まで徒歩3分ほどで到着しました。ここはとても見ごたえのある観光スポットのひとつですよ。
写真を参考にしてみてくださいね。ここは何といっても、小さな子供をはじめ大人でも楽しめる全長170Mの滑り台があります。
ひとりあたり100円の料金で楽しめます。結構スピードがでるので注意してください。
以上、簡単ですが今回の旅報告でした。