200元で台湾のB級グルメを満喫!! 台南大東夜市



スポンサーリンク



最近、大学院の研究室に引きこもりぎみの管理人です。

気分晴らしに台南に来てはじめて、現地の夜市へ行ってきました。

そこで、今回は台南大東夜市について書きます。

 

台湾といえば夜市、そのなかでも安くかつボリュームのある台湾B級グルメを満喫できるのはおそらく台南の夜市ではないでしょうか?ちなみに、台南には4つの夜市があります。

これが台南を代表する4つの夜市!!!

 

大東夜市 →成功大学から近場の夜市

武聖夜市 →台南最古の夜市

花園夜市 →台南最大の夜市

小北成功夜市 →どちらかというと女性向けの夜市

 

 

注意!!台南の夜市はそれぞれ営業日が異なる

 

おもしろいことに夜市の営業が曜日によって異なります。

 

大東夜市 大東/小北 武聖夜市 花園夜市 大東/小北 武聖夜市 花園夜市

 

このように曜日によって営業している夜市の場所が異なりますので、くれぐれもご注意ください。

では、今回訪れた4つの夜市のうちのひとつである大東夜市についてレポートします。

 

大東夜市ってどんなところ?

大東夜市は、成功大学から自転車で約15分の場所にあります。夜の時間帯によっては、交通渋滞にあう可能性もあるので、雨が降っていなければ自転車やバイクをレンタルして現地まで行くほうが便利です。心配せずとも、夜市の近くにはバイクや自転車をとめられるスペースがたくさんあります。

花園夜市ほどではないですが、それでも夜になると大勢の人で込み合います。人ごみを避けたい人は、18時から20時までの間に行って楽しむといいでしょう。まあ、2時間もあれば十分楽しめると思います。

これは「旗魚黑輪といって、。カジキのすり身を油でジュワッと揚げて、ワサビとタレをつけて食べるお手軽グルメ! 一本10元とお値打ち価格。もともとは、高雄や屏東の名物らしいです。

 

こちらは大人も子供も楽しめるお店です。よく日本でもお祭りのときに見かける光景ですね。

こちらは台湾版焼き鳥といったところでしょうか。いろんなお肉や野菜のアレンジがあるので、お好みの味を楽しむことができます。価格も一本10~45元と大変お手頃です。

こちらは、台湾の夜市では定番ともいえる地瓜球(さつまいもボール)です。一袋30元からお値打ちです。中はさくさくとしていて、もちもちとした食感を楽しむことができます。夜市でお見かけの際は、ぜひ食べてみてくださいね。

さて、こちらは煎餃といって、餃子というより小籠包を焼いたような感じです。ピリ辛でちょっと酸味のあるタレ、加えてもっちりとした皮にジューシーなお肉。とてもおいしいです。10個で30元くらいだったと思います。

こちらはみてのとおりたこ焼きです。ミニダコを丸ごとつっこんでいます。どうやって食べればいいのだろう。。。。

こちらも言わずと知れた台湾のB級グルメを代表する屋台料理の定番。その名も葱油餅

簡単に言うと、中華風のお好み焼き。小麦粉の生地にネギが練りこんであって、それを焼くか揚げるかして食べます。これがシンプルだけどうまいんですよ。

夜市で売っているお寿司。正直これは食べる気がしません。具の色具合がどうみてもおかしすぎる!!!着色しすぎじゃん!!!これは衛生的にも健康的にも悪そうなので却下しました。

さて、今回の大東夜市で見かけた興味深い一品がこちら。その名も、爆弾汽水!!
一言でいえば、色付きのタピオカの入った炭酸ソーダ―。
しかし、これが実に面白い味なんです。上の写真の通り、いろんなフルーツの味があって、
自分の好みで2つまで選択できます。ちなみに、青りんごとオレンジのトッピングにしました。
実際にこのジュースを飲んでみると、フルーツ味のタピオカを噛んだ瞬間に爆弾の如く一気に口の中でタピオカに濃縮されていたフルーツ味が拡散します。この瞬間の味がなんとも絶妙なんです。加えて、噛んだ瞬間の食感!!!!もちもちという感じではなくて、うーん。なんと表現すればいいのやら。とにかく、プチプチといった感じ。
本当に初めての経験だったので、面白いなと思いました。まあ、味全体はそこそこといったところです。

 

大東夜市の場所

 

スポンサーリンク




台湾人が選ぶ夜市に行ったら絶対に食べたい屋台料理

スポンサーリンク



台湾観光の要といえば、やっぱり夜市での食事ではないでしょうか?国籍問わず、台湾を訪れる多くの観光客は台湾の夜市の規模の大きさ、安くて美味しい豊富な料理に思わず感動すると思います。

今日は、そんな夜市の屋台について地元台湾人が選ぶ夜市に行ったら絶対食べたい屋台料理をご紹介しましょう。

台湾人が選ぶ夜市で食べるべき屋台料理トップ20

いつもは、ランキングでトップ10までしか書かないのですが、食に関してはやはり人類に欠かせない大事なものですから、ちょっと頑張ってトップ20までご紹介します。

 

第1位:香雞排(台湾風チキンカツ)


夜市の人気一品小皿料理-鶏の胸肉にさつまいも粉をつけて油で揚げたフライドチキン。揚げた後、タレをつけてあぶり焼きにしたものもある。とにかく、地元台湾人も必ず食べると言っても過言ではない屋台料理の代表格。

2位:臭豆腐(独特の臭いがプンプンする揚げ豆腐)

発酵させた豆腐。油で揚げたり、蒸したり、スパイシーなスープに入れたりさまざまな料理方法がある。独特の発酵臭があるためこの名がついた。日本人の中であまり好きだという人を見かけない。ちなみに、ぼくは好きです。

 

第3位:珍珠奶茶(タピオカミルクティー)

台湾のドリンクといったらコレ!モチモチとした食感のタピオカが入った冷たいミ

ルクティ。すでに日本にも進出しており人気のドリンク。

 

第4位:鹽酥雞(台湾風唐揚げ)

一口サイズで簡単に食べられ、台湾ではおやつや夜食の定番。

 

第5位:蚵仔煎(牡蠣入りオムレツ)

蚵仔煎(台湾語:オアチェン)。夜市で人気の一品小皿料理。カキ・青菜・卵と水溶き片栗粉をフライパンで焼き特製のソースを添えたもの。

る。

第6位:章魚燒(たこ焼き)

大阪の名物。なぜか台湾の夜市でもよくみかける屋台料理のひとつ。しかし、台湾のたこ焼きの表面が微妙に硬いというか日本とは違うと感じることがある。

 

第7位:地瓜球(さつまいもボール)

蒸してつぶしたさつまいもペーストと砂糖・でんぷんを混ぜ合わせ、ボール状に丸め油で揚げたもの。小腹がすいたときにもってこい。

 

第8位:大腸包小腸(ライスホットドッグ)

もち米の腸詰に台湾ソーセージをサンドしたお米のホットドック。台湾風漬物やソースをトッピングする。かなりのボリュームで一個で腹持ちする。

 

第9位:烤玉米(焼きトウモロコシ)

トウモロコシの表面に醤油をなんども付け足してカリッと焼く。トウモロコシ好きにはたまらない。

 

第10位:肉羹(肉団子のとろみスープ)

ひき肉・魚のすり身の団子と野菜が入ったとろみスープ。とろみとすり身の団子の食感がなんともいえないうまさ。

 

第11位:雪花冰(ふわふわかき氷)

細かく削ったカキ氷にさまざまなジャムやシロップなどを加えて、ふんわりと攪拌したもの。スムージーのような柔らかい食感が特徴。「台湾アイス」とも呼ばれる

 

第12位:木瓜牛奶(パパイヤミルク)

パパイヤ・牛乳・砂糖を氷と一緒にミキサーで攪拌したもの。

 

第13位:鹽水雞(ゆで鶏の塩水漬け)

ゆでた鶏肉に野菜を絡め、うすしお味で胡椒の風味が効いた料理。

 

14位:車輪餅(今川焼)

鋳型で焼いた丸いおやきで、中にはあずき・ゴマ・クリームなどの餡が入っている。切り干し大根入りの塩味もある。

 

第15位:芒果冰(マンゴーかき氷)

新鮮なカットマンゴーをカキ氷の上にのせ、マンゴーシロップや練乳、マンゴーアイスクリームをトッピングしたもの。

 

第16位:刈包(台湾風ハンバーガー)

刈包(台湾語:グヮパォ)。中華風ハンバーガー―平たい楕円形の皮を2 つ折りにして、豚の角煮・台湾風漬物・ピーナッツ粉・コリアンダーをはさんだもの。

 

第17位:蚵仔麵線(カキ入りにゅうめん)

蚵仔麺線(台湾語:オアミソァ)。豚骨とかつお節のスープで煮込んだそうめんに火を通したカキを加えたもの。

 

第18位:胡椒餅(台湾風肉まん)

SONY DSC

 

サクサクとした小麦粉ベースの生地の中に、胡椒でピリ辛風味にした豚肉と葱が入った焼き肉まん。

 

第19位:麻油雞(ゴマ油の鶏スープ)

鶏肉をゴマ油・酒・ひね生姜と煮込んだ香り高いスープ。

 

第20位:東山鴨頭(台南市東山区発祥のアヒルの頭料理)

アヒルの頭を香辛料スープでじっくりと煮込んでは揚げて乾燥させてと繰り返して作る手間のかかる料理。見た目はかなりグロイがビールのつまみとしては最高。実は、1960年台に台南市東山区で生まれたことから頭に東山がついたとか。

(ランキングの出所:Daily View)

 

 

 

 

 

スポンサーリンク


調理師による味比べ 台北VS台南

みなさん、こんにちは。

ぼくは、小さいころから料理を作ることや食べ歩きなどが大好きでした。

大人になった今でも韓国、香港、中国、タイ、台湾、フィリピンなどアジア諸国をわたり現地のグルメを楽しんでいます。こうなったら、料理の資格でも取ろうかと思い、いろいろと修行してなんとか調理師資格を取りました。

これが取得時の写真です。

さて、今回はぼく自身がこれまで台湾各地を巡りいろんな料理を食べてきたなかで、ぼくの料理Bookにあるとても印象的だったことを紹介しようと思います。

とりあえずは、台北と台南の味比べというか味付けの特徴について考察します。

日本人も大好きな台湾の魯肉飯(=滷肉飯)でも、台南人に言わせれば・・・

台湾を代表するシンプルだけどうまい料理、それが魯肉飯!!!ある日、台北のお店で魯肉飯を注文し台南人の友達と食べていたときのこと。ぼくが、「台湾ってやっぱこの魯肉飯だよね。うまい。」というと、台南人の彼は「これは魯肉飯じゃないね。これは台南では、肉燥飯というんだ。」と熱く語りました。そこで、ぼくは単に呼び名が違うだけなのか、それとも見た目や味付けに違いがあるのか疑問に思いました。

 

「魯肉飯」と「肉燥飯」とはいったいなにが違うのか?

                             肉燥飯            魯肉飯

どうですか?さっくり見るとどちらも同じようなものに見えて大した違いもないように思えますね。しかし、実はその材料と味付けが全く異なるのです。

違い其の一:使用している肉の部位が違う

 

肉燥飯:豚の肩ロース(梅花肉)のラードを含まない部位を煮込んだもの。
肉は赤身肉。

魯肉飯:豚のバラ肉(五花肉)など脂身を多く含んだ部位を細切れにしたもの。

 

参考図:

違い其の二:味付け

肉燥飯:薄目色の醤油がベース。肉自体にあまり脂身がないので、ピーナッツオイル
で軽く仕上げる。

魯肉飯:濃い目の台湾醤油に米酒と砂糖を加えたもの。味は濃厚でこってり。

違い其の三:肉の刻み方

肉燥飯:ミンチにしてそぼろ肉にしたもの。

魯肉飯:肉をさいの目に切ったもの。

こうみると、外見上はほとんど同じに見えますが、肉の部位、味付け、肉の形状などに違いがあるんですね。そして何よりも、台南や高雄などの南部では「肉燥飯」、台北などの北部では「魯肉飯」と呼ばれているんですね。

まあ、外国人のぼくにすれば、味とコスパがよければそれでいいのですが。台南の「肉燥飯」を食べたことのない人はぜひ今度食べてみてください。

 

台北人→台南人「おまえんとこの味付け甘すぎんねん」

言わずと知れた食の都台南。台南は安くて美味しいB級グルメの料理がいっぱいあります。台南の料理の味付けは確かに台北に比べると幾分甘いです。物価が高くストレス社会の中で生活をしている台北人は、安くて美味しい料理がたくさんあり、かつのんびりとした生活スタイルに対する憧れと妬みから台南料理の味付けをぼろくそにけなします。

では、いったいどのようにぼろくそにいうのでしょうか?その一例をみてみましょう。

ケース1:くそ暑い夏場にジュースを飲んで、「なんで、こんなに甘いねん。おかしいやろ?糖尿病になるわ。」

ケース2:酸辣湯を食べて一言。「どこが酸辣湯やねん。これじゃ、甘蜜湯やないけ。」

ケース3:炎天下のなかで。「ああー、いらつくわ。暑いわ。汗でるわ。なんで甘いねん。」

ケース4:台南で割りばしを片手に走るバイク野郎。「おいそこの兄ちゃん、知ってるか?台南でな、こうやって割りばしをもって走るだけで綿菓子ができるんやぞ。しかも真っ黒な綿菓子や。誰が食うねん。」

なぜ、台南料理は甘いのか?

なぜ台南料理の味付けは全体的に甘いのか?と疑問に思い、少し調べてみました。すると、意外なことがわかりました。台南は本来砂糖の主要生産地で、1890年代には台湾全土の製糖所1,275に対して、1,057も占めていたんですね。台南は地理的にも気候的にみても年中温暖で降水量も比較的多い亜熱帯地域に属するので、サトウキビ栽培には理想の環境だったのです。それで、砂糖の産地となり日常生活の中でも砂糖をたくさん使用するようになったと考えられています。

また、台南は昔台湾の経済・政治・文化の中心で、首都のような機能を持っていました。当時、砂糖は富の象徴と考えられとても貴重なものでした。つまり、砂糖が食べられる家庭というのは裕福な家だったのです。そんな貴重な砂糖は、当時裕福な人が多かった台南にあって、今なお他の地方より味付けが甘い料理が多いと言われる由縁はここにあるのかもしれません。
スポンサーリンク



好懷念我親手做的料理作品(懐かしい手作り作品)

由於今天好無聊, 我整理電腦裡的檔案的時候看到以前的照片,讓我覺得好懷念.
這張照片是2014年我親手做的料理作品,雖然這道菜可以吃的,不過目的在於給人家看看. 當時的我好像沒有藝術方面的才能.
請您好好分享我的作品,然後如果你喜歡就給我一個讚喔!!!

 

今日は暇だったので、パソコンの中身を整理していたら面白い写真がでてきました。この写真はぼくが2014年に作成した料理作品です。この作品は食べることはできますが、人に見てもらって楽しんでもらうことを目的に作成しました。当時の僕はあまりに芸術的センスがなかったので、結果写真のような作品となりました。まあ、子供向けには評判そこそこよかったです。せっかくなので、ここに投稿することにしました。
少しでも楽しんでもらえればと思います。
よろしければ、最後に「いいね」をポチしてくださいね。