Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

みなさん、こんにちは。

暑い日が続きますが、お元気ですか。台南では記録的な灼熱の暑さが続き、梅雨入りもかなり遅れているために、そろそろ各地で深刻な水不足に陥るのではないかと懸念されています。速く多量の雨が降ってほしいと日々願う管理人です。

さて、本日は台南で格安でバイクをレンタルできるお店を見つけたのでその報告と、あとレンタルバイクで台南市をドライブしていて何をどう間違えたのか?高速道路に進入してしまった愚かなハプニングについてお話をしたいと思います。

〇台南の一人旅なら50ccバイクで十分!!12時間たったの100元!!!安い!!

折角の休日をずっと室内で過ごすのも時間がもったいない感じがしたので、バイクで台南の遠方をドライブすることにしました。そこで、台南駅周辺でどこか安いレンタルバイク店がないかと探しているとありました。格安のレンタルバイク店が!!台南駅周辺には実にたくさんのレンタルバイク店があります。しかし、なかには中国語翻訳の運転免許ではレンタルできないお店もあるので注意してください。さて、今回管理人が借りたバイクのお店は台南駅の裏側にある前鋒機車出租というお店です。

こちらのお店では、50ccのバイクを12時間100元でレンタルできます。ただ注意が必要なのですが、外国人の場合は12時間120元となります。では、管理人のときはなぜ100元だったのか?それは現地の学生証を提出したからです。台湾の学生証がある場合は100元となります。まあ、20元くらいの価格差は大した差はありませんね。

以下の写真はこのお店のバイクのレンタル価格一覧表です。

自分の借りたいクラスに応じたバイクをレンタルしましょう。アドバイスとしては、一人旅の場合は50ccクラスで十分です。100c以上になると車体が重くなり、男でも動かすのにかなりの力が必要ですし、一般道の速度制限は最高50キロまでが目安ですから、それ以上の速度でとばしたら速度違反でキップをきられます。おまけに、台湾人のバイクや車の運転はそうとう雑なので、下手をすれば高確率で事故を起こします。せっかくの旅が台無しにならないように速度をあまりださないように注意しましょう。

〇レンタルの手順

1 借りたいバイクのクラスと時間帯を選択する。

2 パスポート(或いは居留証)、中国語訳の運転免許書類、学生証(現地学生で        ある場合)の提示

3 料金の支払い

4 契約書へのサイン(名前と電話番号だけ)

5 ヘルメットを選ぶ。

以上の流れとなります。

バイクに乗車するとき、おそらくほとんどガソリンが残っていない状態と思うので近くのガソリンスタンドでガソリンをいれましょう。バイク返却時に満タンであることは不要あと、台湾はガソリンが主に92,95,98とわかれているので、自分のバイクがどの種類のガソリンかを店員に確認しておきましょう。50ccの場合は92です。では、楽しい旅のひとときをお過ごしください。

〇しまった!!!台湾の高速道路に乗り上げてしまった!!!

 お恥ずかしい話なのですが、久しぶりにあほなことをしてしまいました。バイクを一般道で運転していると、途中で妙な違和感がしました。運転していた道路の光景が突然変わったのです。まず、道幅が急に広くなり、往来するのは大型トラックや普通乗用車ばかり!!

どこを見渡しても他のバイク運転者をみかけることができなかったのです。一気に不安MAX状態になりました。「もしかして・・・。 ここは高速道路では??」そうなんです。管理人はおろかにも一般道から高速道路に進入してしまったのです。

すぐに路肩エリアに移動し、徐行運転をしながらサービスエリア或いはステーションがなかいを探していると、本当に運よく小さなステーションらしきものを見つけ、そこにバイクをとめて助けを求めました。事情を説明してしばらくすると、警察官一人と若い大学生らしき若者2人の計3人がやってきました。まず、ぼくは警官に事情を説明し、運転免許とナンバープレートの番号を報告しました。心の中で間違いなくキップをきられると思いました。「いくらかな??高いだろうな??(ちなみに、バイクで高速道路に進入した場合は、通常NT$3000-6000の罰金となります。)」とずっと罰金のことばかり考えていました。そんななか、ふと昔台湾で速度違反したときに罰金を逃れた方法を思い出したのです。それは、ずばり「相手の情に訴えて難を逃れる」作戦です。

そこで、今回の相手の情に訴えるべくとった物語は、「自分は日本人で今、台南を一人旅している。同じ台湾でもやっぱり台南の人のほうが台北の人より親切で優しい。美味しい果物もたくさんあるし。。」というなんとも適当な内容ではあるが、とにかくしゃべりまくった。

ここでのポイントは、相手は台南人の警察官なので会話中に自分の知っている台湾語を少し混ぜることだ。「パイセ(ごめんなさい。) ワーシージッブンラン(ぼく日本人) ジャパーボエ(飯食った?)」と今思えば、全くロジックのない会話をしていましたが、結果として、警官の心に管理人の気持ちが伝わったのか、今回はお咎めなし!!!!「ラッキー!!!!!!!!やっぱ、なんでも試してみるもんだ」と心の中でガッツポーズ!!! こうして、とくに説教されることもなく、すぐに解放されました。

いやー、よかった。よかった。さて、今回のこの管理人のおばかな経験からみなさんへのアドバイスは次の通り。

〇グーグルマップで旅をするなら、交通手段は「徒歩」設定にしよう。

グーグルマップを使いながら台湾の道を突き進む際に注意すべきこと。それは、現在地から目的地までを設定したら、すぐに「徒歩」で行く場合に設定することである。ここで間違っても「車」マークを選択してはだめだ。なぜなら、車設定で道案内開始をしてしまうと、グーグルマップは自動的に「高速道路」へとあなたを誘導してしまうからだ

くれぐれも注意されたし!!!

〇日焼け止めクリームは絶対にいる!!!!

今回、管理人は2-3時間しかバイクを運転していないにもかかわらず、気が付けば両腕がかなり日焼けした状態ですこしひりひりしていました。台湾の日差しはハンパなく強いです。日焼け止めクリームをお忘れずに!!

 

 

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

four × 5 =