スポンサーリンク



成語 一毛不拔  yīmáobùbá
解釋 連一根毫無也不願意拔下來。比喻非常的吝嗇自私。
日文 髪1本抜くのさえ惜しむ.ひどくけちであるたとえ
近義 愛財如命
反義 一擲( zhī)千金
作文 小器鬼和慷慨(kāngkǎi)佬

 

小器鬼和慷慨佬在大街上碰面了。

小器鬼眉頭緊蹙(cù),頭壓得很低很低,慷慨佬笑臉迎人,一副很輕鬆自在的模樣。街上有殘障人士兜售彩卷,小器鬼不耐煩地搖頭拒絕;慷慨佬買了二張,隨手塞進口袋。慷慨佬開口了:「最近有什麼新鮮事可以分享嗎?」「你呢?」小器鬼果然一毛不拔,連話都不願意先透露。

「嗯,我去當社區義工,協助居民落實垃圾分類和資源回收,也幫忙打掃街道、照顧無依老人,還有我買東西的發票,全順手捐了出去。」「真搞不懂你,幹麼那麼多事呢?」

 

慷慨佬笑了笑,說:「因為慷慨助人,我覺得很快樂,很有收穫呀!」小器鬼曼聯不屑,他向來認位幫助別人一分,就是損耗自己一分,多划不來呀!

 

 

兩人互相告別後,當天晚上樂透開獎,慷慨佬中了第一特獎,小器鬼知道後,天天捶胸頓足,更加的不快樂了。

 

まとめ

世の中には、けちな人間と気前のよい人間がいる。

往々にして、けちな人間はお金にもけち臭い上に、人との関わりにおいても愛想がない。一方、気前のよい人間はお金にけちけちすることがないし、他人に対しても優しい。つまり、気前のよい人間は概して心が寛大なのだ。

けちな人間は人手助けをする人間の心が理解できない。自分の得にもならないことをなぜするのか?人助けすることになぜ喜びを感じるのか?が理解できないのだ。

 

最終的には気前のよい人間が幸運に恵まれ、けちな人間は損をする。世の中は意外とそういう風にできている。

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

fifteen − three =