みなさん、こんにちは。
過酷な暑さが続く台南です。
さて、本日の成語をご紹介します。

成語 一日千里  (  yīrìqiānlǐ)
解釋 形容交通工具地速度很快,或比喻進步神速。
日文 1日に千里を走る.進展がきわめて速いたとえ
近義 日新月異  突飛猛進
反義 一落千丈 江河日下
作文 二十一世紀的資訊

 

二十一世紀的資訊使充滿驚奇的!神速的!科學的!現代人拜網際網路之賜(zhī sì),可以遨游( áoyóu:漫遊する)在各式各樣的網站中,瀏覽新聞、欣賞藝文作品,或收集資料,汲取新知。

想像,古時候人們想要獲得新知,是多麼的困難呀!最常見的是靠著口耳相傳,或家族長輩的教導,但是這些都太慢了!資訊就是要新穎(xīnyǐng:ユニーク)!就是要快速!就是要豐富!尤其在二十一世紀中,蝸牛爬步般的資訊,怎麼能符合人們的需求呢?

人人都說現代的資訊是一日千里,真是中肯呀!舉例來說,這一刻獲得的人口出生數,下一秒鐘不一樣了。所以,人們不能再守著老舊的百科全書,自以為無所不知,自以為是博學大師,而沾沾自喜。因為任何人一旦排斥新資訊,就會和時代脫軌( tuōguǐ:脫線する),成為「古人」呢!

身為新人類的我,當然也得快快搭上新知的列車,馳騁(  chíchěng:駆け回る)在新知的軌道上,才不會落伍喲!

まとめ

21世紀は情報時代である。インタネットの出現で様々なネットにアクセスすることができ、ニュース、文学作品、情報や新しい知識を得ることができる。

一方、昔の人は人づてや家族、先輩などの指導を受けながら新しい知識を吸収していたが、これでは今の時代遅すぎる。情報社会である21世紀は、速くて豊富な情報が必要とされる。

しかし、本当にそうだろうか。新しいものが次々と誕生するなかで、一旦新しい情報から取り残されると、その時代では「時代に取り残された人」となってしまう。

 

 

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2 × 5 =