最近は、台湾奨学金に関する問い合わせや推薦状、学習計画書の作成依頼などでばたばたしている管理人です。さて、少し作業がひと段落したので今回は、今後台湾旅行を計画している人向けにきっと役立つだろうなと思う情報をここでご紹介したいと思います。

台湾の旅に役立つ情報

其の一:日本から家族連れで台湾旅行するなら空港でポケットWiFiレンタルがお勧め

台湾の各空港の出口ロビーには、スマホのSIMカードやポケットWiFiのお店があるのでとても便利です。一人旅や若い人であれば、日本から持参したスマホのSIMカードを現地で購入したものと入れかえることで使用するのもいいですが、家族連れや団体旅行、スマホのなどの操作に慣れてない人などは、ポケットWiFiをレンタルしたほうが便利です。

管理人もつい先日、日本から両親が旅行に来たので、その際高雄空港でポケットWiFiを利用しました。予想以上に簡単な手続きでしかも面倒な作業は一切なしで旅行中使用することができました。

 

さて、ポケットWiFiのレンタル会社についてですが、実にたくさんの会社が提供していて選ぶの一苦労です。しかし、日本系会社が提供している場合やはりレンタル料金がそこそこ高いです。そこで、管理人が今回強く推薦するのが、こちらのKKdayです。こちらは台湾の会社ですが、ホームページも日本語ですし、質問に対しても迅速に返答してくれます。なにより台湾旅行前にネット上で申し込みをしてクレジットでオンライン決済がきできるので、現地到着後は指定カウンターでレンタルするだけです。返却時も別に同じ空港で返却する必要もなく、行きは高雄で帰りは桃園でということもできます。

〇ネット申請のしかた

〇実際に高雄空港到着後、受付カウンターで借りる場所

高雄空港に到着したら、入国手続き、荷物受け取り、税関を通過して出口で向かいます。出口をでると、真正面に以下の場所が見えてきます。

これは、中華電信の受付です。この写真の左側のほうにいくと以下の受付場所が見えます。

この「遊客邦」というマークが目印です。通常、ここにはスタッフがいます。ついたら、申込時の名前を報告すると調べてくれます。問題なければ、スタッフから簡単な説明事項を聞いてある書類に署名して完了。最後に、WiFi機器をもらいましょう。ポケットWiFiの実際の写真は以下の通りです。

電源を入れてから、自分のスマホのwifi設定欄でパスワードを入力すればすぐに使用開始できます。ぼくがスタッフから説明をきいたところでは、フル充電状態で約8時間使用でき、5人程度まで同時に使用できるようです。なお、受信可能範囲は10メートル程度なのでお互いになるべく寄り添って行動しましょう。返却時も空港の「遊客邦」というマークがあるカウンターで返却しましょう。

なお、返却時の時間がレンタル店の営業時間外で誰もいない場合でも心配不要です。カウンターに返却箱があるのでその中に機器を入れたのち、そばにある名簿リストで自分の名前を探して署名すれば返却完了。なんとも簡単でいいですね。

これが返却箱です。

 其の二:台湾でタクシーを利用する際にすべきこと

台湾現地での観光には、MRT(地下鉄)、レンタル自転車、レンタルバイク、バス、タクシーなど多様な選択肢がある上に、日本よりもはるかに交通費が安いのが特徴です。しかし、われわれ日本人の目からみると台湾人の運転はとても荒く、速度違反や信号無視も日常茶飯事にみられます。事実、管理人も先日、直接交通事故を目撃しましたし、自身も自転車に乗っているときにバイクに衝突されました。(幸い無傷ですみました。)このように、こっちが交通に注意していても災難は向こうからやってくるので、極力現地で自転車やバイクを自分で運転するのはやめましょう。そうなると、危険性の低い交通手段は、地下鉄、バス、タクシーということになります。しかし、地下鉄も場所が限られますし、バスの乗り方もよほど慣れていないと困難でしょう。そうなると、やはりタクシーということになります。タクシーは台湾ならどこでも黄色のタクシーがありますし、初乗りも約350円からスタートのなので安いです。

しかし、たまに運が悪いとサービスや態度の悪い運転手やたばこ臭い車内で我慢しなければならないという最悪のケースに出くわすこともあります。こんな場面に遭遇すると、せっかくの楽しい旅行も楽しみが半減してしまいますね。そこで、管理人が簡単にしかも高確率でサービスの良い(或いは日本人でも許容範囲内)の運転手を探す方法を伝授します。

それは、次のアプリを使用してタクシーを予約することです。「台湾大車隊55688」という台湾のアプリです。この台湾大車隊は、車体もきれいで評判のいい台湾の大手タクシー会社で、台湾のホテルが呼んでくれるタクシーはこの会社のものがおおいようです。急いでいるとき、雨が降ってきたときなどにこのアプリでタクシーを予約すれば平均5分、遅くても10分くらいであなたのいるところまで来てくれます。

しかも、予約から乗車、下車までのすべての道程、時間帯、運転手の情報がアプリに記録されるので何か問題が生じた場合は、すぐに確認することができます。また、このアプリには下車後に運転手を評価する機能があり、評判の悪い運転手は誰も選ばないし、運転手自身も客の評価を気にするので自然と彼らのサービスは良くなるというわけですね。なかなかすばらしいアプリですね。しかも、無料で使用できるのでなんの心配もいりません。

其の三:管理人のおススメ!!一度はこのホテルに宿泊してみて!!!

先日高雄にあるKindness  Hotel(康橋大飯店)を利用しました。このホテルは本当にいいですよ。日本のビジネスホテルよりも全然部屋が広いし、浴室も最高。おまけに1階ロビーには無料で飲食できるコーヒー、アイスクリーム、ケーキがあります。味もおいしい。しかも、朝食と夜食もセットでこれがまたおいしい。なんでこんなにコストパフォーマンスがいいのか信じられないくらい。6歳の子供一人、大人2人で一室のお値段がたった11000円くらい。この価格でここまで充実したホテルはおそらく他にないだろうね。また、受付のスタッフの態度がとても丁寧。正直なところ、日本のビジネスホテル以上のレベルといってもいい。台湾各地にもあるホテルなので一度ご利用になってはいかがでしょうか?口コミが気になる方は、Booking.comなどからもこのホテルの情報を知ることができますよ。

其の四:夜市も楽しくていいんだけど、やっぱり本格的な食事を楽しむならこういうところ

先に行っておきますが、管理人は台湾の夜市は何度も行っていますし、にぎやかでいいと思います。ただ、夜市で販売している屋台料理は値段相応の味だと考えています。夜市を訪れる日本人観光客の食事の感想は「美味しかったよ」というのが多いのですが、お金を払って食べるわけですから、本来は美味しくて当然ですよね?逆にまずい料理を提供されたら、「金返せ!!」っていう気分になるじゃないですか?旅行の予算に限りがあって工夫しながら食事をするというのであれば、夜市での食事もありだと思います。管理人も夜市の料理は好きですよ。ただみんなが言うほどまでは美味しいとは評価しません。どうしても、衛生面や屋台で使用されている油などを考慮すると正直なところ、「どうかな?」って思います。

せっかく台湾まで足を運んで観光するのであれば、やはり台湾で本格的な料理を体験してもらいたいと思うんです。値段でいうと4~5人グループで合計4000~5000円も出せば十分に満足のいく食事は楽しめます。ですから、現地でちゃんとしたレストランへ行くといいと思います。定番のお店としては、以下のところが日本人には良いと思います。

〇鼎泰豐(ディン タイ フォン)
もうこのお店は定番ですね。日本人には人気のある有名なお店です。まだの人は一度行ってみてくださいね。

欣葉(シン イエ)
このお店も本格的です。日本のビジネスマンの接待などによく利用されるお店です。行く価値十分にありです。

〇府城食府(フチェン シフ)
台南にある本格的な台湾料理を提供するお店。結婚式の2次会などでもよく利用されている。

其の五:このアプリひとつあれば十分。豊富な機能を搭載したアプリ

旅のお供のひとつとしてスマホのアプリがあげられます。しかし、毎日のように新しいアプリが誕生し、一体どれをどのように使えばよいのかユーザーであるわたしたちは選ぶ際にとても困ってしまいますね。なかには、まるでコレクターのようにたくさんのアプリをスマホに搭載している人がいますが、はっきりいってスマホのバッテリーを無駄に消費するだけです。その上、スマホの画面上を目が左右上下に往復することで疲れてしまいます。

そこで、管理人がこのアプリは本当に使えるというものをご紹介します。正直このアプリ一つあれば台湾の日常生活上で必要最低限の情報やあなたの需要をみたすことができるでしょう。

こちらは「生活行」というアプリです。

どういう機能があるかというと。。。。。
           

ざっくりみると、例えば地下鉄、鉄道、新幹線、テレビ番組、グルメ情報、映画、天気、バス、地図など様々な機能がありますね。もうこれだけあれば十分でしょ。このアプリは本当に便利なのでぜひ使ってみてください。

其の六:ウエットティッシュを携帯しよう

台湾の一般的な飲食店に行ったことがある人ならご存知だと思いますが、お箸、スプーン、フォークなどがむき出しのまま容器に入っているものがほとんどです。そして、よくみると汚れがついていて不衛生な場合もあります。また、高級レストランでないかぎりまずおしぼりはでません。そう考えると、常にウエットティッシュを携帯するほうがいいでしょう。トイレにいくときにも役立ちますしね。

以上、今回は台湾旅行にきっと役立つであろう情報について紹介しました。もしよろしければ、ご参考ください。

 

 

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

13 − one =