Dr.Kの中国語講座 日常生活でたまによく聞く中国語その12


 

みなさん、こんにちは。
いよいよ今回で最終回となります。
これまで根気よくこの講座をご閲覧いただきましたみなさん、ありがとうございます。
合計114個の単語を紹介しましたが、毎回こつこつと一緒に勉強していただけた方には
きっと少なからず中国語の語彙力が少しは強化されたのではないかと思います。

では、本日最後の単語を見ていきましょう。

111 混
解説:泥と水が混じったように、濁っていてよくわからない状態がこの「混」です。使い方としては、最近過得怎麼樣?(最近どう?)、還混得過去(まあ、なんとかね。)という感じで使います。

112 二百五
解説:台湾でこの単語を使う人は、だいたい30歳以上の人だと推測されます。この単語には、「中途半端」、「無鉄砲」、「ばか」などの意味合いがあります。

113 三八
解説:台湾では、「三八」には「浮ついている」とか「尻の軽い」女性をいうイメージがあります。ですから、女性の前での使用は気を付けましょう。

114 五四三
解説:この単語は、「どうでもいいこと」や「たわいのない話」という意味です。

 

番号 語彙 発音 日本語 標準的な表現
111 hun4 いいかげん 隨便亂過
112 二百五 er2bai3wu3 まぬけ、ばか 傻瓜
113 三八 san3ba1 浮つく 頭腦不清
114 五四三 wu3si4san1 意味のない話 沒內容,沒水準的話

スポンサーリンク






投稿者: Dr.K

ようこそ、Dr.Kの台湾生活備忘録のサイトへ。
これまでの台湾生活の経験をもとにいろいろ有益な情報を発信していきたいと思います。
ブログの応援宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

4 + nine =