思わずなるほど!!と思ってしまう 文字の成り立ち


みなさん、こんにちは。
英語や中国語の単語の意味と綴りを覚えるとき、みなさんはどのように覚えていますか?
手で何回も書いて覚えたり、書かずに読むことだけを繰り返して暗記するなど、その方法はまさに十人十色だと思います。

管理人は昔から外国語を勉強するときに、その単語の成り立ちを想像しながら暗記するようにしています。そこで、今日はそんな一例を紹介したいと思います。
今回ここでみなさんにご紹介する単語だけは最低限覚えて帰ってくださいね。

〇forget:忘れる
あまりにも簡単な単語ですが、中学生のころ僕は次のように覚えました。
なぜ、forgetは「忘れる」という意味なのだろうか?
う~ん、わかった。
forget→ for+get~ つまり、何かを新しい知識をgetするために(for)、頭の中が一杯にならないように自然と物事を「忘れる」ようになっているんだな。だから、forgetで忘れるなんだ。

 

〇一枝草一點露:For every blade of grass, there is a drop of dew
天無絕人之路(生きてりゃなんとかなる、捨てる神あれば拾う神あり)

字から推測すると、ただ一滴の露でも草は生きられるように、ほんの微かな希望であっても人は生きていけるんだ。

〇分手:break up、(恋人と)分かれる
分:separate + 手:hand →  分手:break up(no hold hand)

〇掰:good bye、さようなら
手+分+手→break up with both hands →ばいばい

〇Job:仕事
なんで人はjob(仕事)するんだろう?
Job= Just Over Broke(今にも破産しそう)だから、働くんだね。

〇積沙成塔:ちりも積もれば山となる
砂もたくさん積れば塔に成る。→ちりも積もれば山となる
一點一點的累積,終會聚積成難以想像的成就!!!

〇為什麼「贏」字這樣難寫?(なんで繁体字の「贏」はこんなに難しいのかな?)
因為它含有贏家必備的五種能力(それはこの字には勝つために必要な5つの能力が秘められているからだ。)
  「口」:溝通「亡」:危機意識

「月」:時間 「貝」:金銭  「凡」:平常心

所以,繁體字的存在是有意義的!!!

 

 

スポンサーリンク






投稿者: Dr.K

ようこそ、Dr.Kの台湾生活備忘録のサイトへ。
これまでの台湾生活の経験をもとにいろいろ有益な情報を発信していきたいと思います。
ブログの応援宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

9 + eight =