病院にかかった後の保険の請求について


スポンサーリンク




やっと最近、歯の治療を完治した管理人です。

今回の治療では、診断書の費用も含めて合計4640元かかりました。日本で約16700円ほどです。台湾の健康保険をまだ持っていないので、治療費は全て実費となりました。

 

しかし、大学で団体学生保険に加入していたのでおそらく今回の虫歯にかかった治療費もこの保険が適用できるのではないかと思い、保険会社に請求することにしました。果たして、どれだけのお金が保証されるのかはわかりませんが、こちらとて入学時に3000元の保険料を支払っているので、全額は無理でも多少はお金の還付を受けたいと願うばかりです。

 

台湾の大学(院)に正規留学する外国人留学生には、医療保険に加入する義務が原則課されています。昔は、そこまで厳しくはなかったようなのですが、近年外国人留学生の交通事故により、病院で治療しても医療費が高くついて支払えないケースが増えているため、結果として外国人留学生の医療保険への加入が義務化された模様です。

 

しかし、これはあくまで台湾の健康保険に加入していない、或いは自国で海外留学保険に加入していない場合に課せられる制度のようです。まあ、いずれにせよ、管理人のように突如、病院にかかる状況に出くわすこともあるので、やはり医療保険には加入しておくことが賢明です。

 

医療保険の補償を申請する際に必要な書類

では、実際に治療後に医療保険の補償を受けるのに必要となるものは何なのでしょうか?保険会社によって多少要求される提出書類は違うかもしれませんが、基本的に大きく異なることはありません。では、一緒に必要となる書類をみていきましょう。

 

〇保険会社の保険請求申請書

この申請書は保険会社によってフォーマットが異なりますので、各自が加入する保険会社に確認するか、学校の担当者に相談するのがいいでしょう。ちなみに、管理人は学校で加入していた保険だったので、学校のOIA(国際学生事務局)の受付担当者に確認し、申請書をもらいました。

 

〇治療に要した費用を証明する領収書の原本

〇医者の診断書の原本

〇学生証と居留証のコピー

 

〇保険金を振り込む際の銀行通帳のコピー

 

以上の書類一式を揃えて学校経由で保険会社に提出します。これで、とりあえず保険金の請求にかかる申請手続きは完了となります。

あとは、どれだけの金額が支払われるかわかりませんが、お金が振り込まれるまでじっくりと待つだけです。まあ、支払いがゼロということはないでしょう。

 

 

保険金を申請するにあたり事前に注意すべき事項

保険に加入すると必ず、約款ないしは保険金支払いの対象項目が明記された資料がもらえるはずです。ですので、保険金の申請前に自分が受けた治療内容が果たして保険金の支払い対象となるかどうかを確認しましょう。

幸い、管理人の加入していた保険では歯石除去は対象外ですが、虫歯の治療は保険金の支払い対象となるような感じなので今回申請しました。

 

後日、このブログで保険金の金額の結果について報告したいと思います。

 

 



投稿者: Dr.K

ようこそ、Dr.Kの台湾生活備忘録のサイトへ。 これまでの台湾生活の経験をもとにいろいろ有益な情報を発信していきたいと思います。 ブログの応援宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

20 + 18 =