Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!


スポンサーリンク



みなさん、こんにちは。

本日は中秋節で授業がないため、寮で孤独な時間を過ごしているDr.Kです。この

中秋節は、日本の中秋の名月の日と似ています。

似ていると言っても、本日は台湾ではけっこう大事な祝日で多くの台湾人は家族と一緒に豪華な食事をして家族団らんの時間を過ごします。台湾の中秋節の代表的なものといえば、やはり、文旦、月餅と焼肉の3点セットですね。これだけでも日本の中秋の名月とはかなり違いますね。

台湾の中秋節3点セット

文旦

clip_image002

どうですか?日本の文旦と違って表面は緑色で全体的にラグビーボールのような形状をしていますね。台湾では、この文旦を中国語で柚子(ヨウズ)と呼んでいます。じゃあ、なぜ、中秋節にこの文旦を食べるのでしょうか?わかりますか?

実は、中国語の「柚子(ヨウズ)」という発音が別の中国語の「佑子(ヨウズ)」という言葉と同じなんです。この「佑子(ヨウズ)」という言葉には、「自分の子供にご加護(良い事)がありますように」という意味があるのです。そして、この文旦を食べるときも皮を上手に向いて下の写真のように子供の頭にかぶせると縁起がいいと考えられているんです。

clip_image003

なぜか猫の頭に文旦の皮が・・・・・・

ちなみに、台湾の文旦の産地は台南の麻豆区というところです。日本だと高知県が有名ですね。

月餅(げっぺい)

文旦に続いて、台湾では中秋節に月餅を食べます。お店によっていろいろなタイプの月餅を販売しています。しかし、基本的な作りは同じで中身は、アンコとアヒルの卵の黄身の塩漬けを混ぜたものがベースとなっています。ちなみに、管理人はこのタイプの月餅は大嫌いです。まずい。これを美味しいと言って食べる人が理解できません。(あくまで、個人的な感想ですので無視してくださいね。)おなじ食べるなら、台中の名産である太陽餅ですね。もうこれは非常に美味しい。いくつ食べても飽きません。いっそうのこと、月餅を全て太陽餅に変更すればいいのに。しかし、そんなことをすると、お月見の意味がなくなってしまう。。

ちなみに、中秋節に月餅を食べる理由ですが、諸説が多すぎるのでここでは説明しません。

clip_image005

なんで中秋節に台湾人はバーベキュー(焼肉)するの?

台湾人にこの質問をぶつけても、誰も曖昧な回答ばかりでどうしようもないので、自分で調べてみました。すると、以下のような理由があることがわかりました。まあ、真相は定かではありませんが。。。。

台湾人が中秋節にバーベキューをする理由:

言い伝え其の一:

一昔前、焼肉のタレメーカーである「萬家香醬油」と「金蘭醬油」の2社が中秋節の時期にテレビのCMで大々的に宣伝したことをきっかけにいつのまにか、庶民が焼肉をするようになった。

言い伝え其の二:

この2社による大体的な宣伝に乗じて、自分たちも一儲けしてやろう!!という、スーパーやディスカウントストアーが次々と、この中秋節の日にバーベキュー関連用品のバーゲンセールを開始したことで、庶民の間に中秋節=バーベキューという習慣が生まれた。

ちなみに、管理人は学生寮で主催されたバーベキューのイベントにこっそりと参加してタダで食いまくってやりました。以下はそのときの様子です。

clip_image007clip_image009clip_image011clip_image013clip_image015clip_image017clip_image019

台湾の中秋節と日本の中秋の名月(通称:お月見)を比較してみると

日本 台湾
日時 新暦8月15日 旧暦8月15日
イベント 家でお月見 みんなでバーベキュー
月見団子 月餅
果物 なし 文旦
重要度 別にどうでもいい かなり大事

日本のお月見のイメージ

clip_image021

それぞれに独自のお祝いの仕方があるのってなんかいいですね。まあ、同じ過ごすなら楽しく過ごしたいですね。

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

nineteen + 17 =