世界でIQの高い国ってどこなんだろう?日本?それとも台湾? ついでに、世界で幸福度の高い国はどこ?


スポンサーリンク




 

みなさん、こんにちは。

9月11日より台南で新生活を始めたDr.Kです。こちらは相変わらずくそ暑い毎日が続いています。日中30~32度くらいです。外出しようなんて気にはなれません。

では、本日は「世界でIQの高い国」と「世界で幸福度の高い国」についてご紹介します。

 

Statistic Brain Research Institute が「 IQ and the Wealth of Nations」というリソースを使用して、世界各国のIQの平均値でどの国が一番高いのかを調査しました。そして、IQの平均値が高い国トップ25を発表しました。この調査は、2016年8月28日付けのものです。

では、早速ランキングを見ていきましょう。日本、そして台湾は果たしてランクインしているのでしょうか?

 

世界一IQが高い国どこだ!!!

(出所:Statistic Brain

なんと上位5位は全てアジアの国が独占しています。1位は香港、2位は韓国、3位は日本、4位は台湾、5位がシンガポールという結果でした。ということで、堂々の1位は香港に軍配があがりました。11位から25位までの結果は以下の通りです。

11位から25位までは欧米諸国の国が多くを占める結果となり、この調査結果を見る限りではアジア人のほうが欧州人より頭がいいということが言えます。まあ、あくまでひとつの調査結果にすぎないのであまり浮かれていてもいけませんが。そもそも世界最強の国アメリカが19位なんてありえないでしょ?いろんな調査機関の統計を見ていて時折思うのですが、そもそも各統計結果の信頼度ってどれくらいあるのでしょうかね?

世界で最も幸せな国は果たして??

さて、次に世界で最も幸せな国はどこなのかについてみてみましょう。

先ほど見た世界でIQが一番高い国の上位にランクインした国は、果たして世界で最も幸せな国でも上位にランクインするのでしょうか?

ここで、引用する統計は国連の「WORLD HAPPINESS REPORT2017(世界幸福度報告書2017年版)」です。この報告書では、155か国がランキングされています。グラフ上の色分けの意味は以下の通りです。

水色:一人当たりの国民総生産

オレンジ:社会支援

赤色:健康寿命

紺色:人生選択の自由度

緑色:寛大さ

紫色:汚職・腐敗に対する認識度

では、いよいよランキングをみていきましょう。

上位は欧米諸国が独占!!!

トップ10は次の通りでした。

1位 ノルウェー

2位 デンマーク

3位 アイスランド

4位 スイス

5位 フィンランド

6位 オランダ

7位 カナダ

8位 ニュージーランド

9位 オーストラリア

10位 スウェーデン

 

社会福祉国家と言われるノルウェー、デンマークをはじめとするヨーロッパの国々がトップを独占しています。オレンジ色のグラフの割合が高いことからも、人は社会的支援が整備された環境下にあるときに高い幸福度を感じるようです。

 

さて、ぼくたちのアジア諸国はどうでしょうか?

アジア圏内でみれば、26位のシンガポール、32位のタイにつづいて台湾が33位にランクインしています。個人的には、33位という台湾のランクインよりも、台湾の英語表記に目がいきました。中国語の省という表記は嫌ですね。最近、国連の世界的役割はなくなっているという批判がありますが、本当にそうかもしれませんね。

そして、わが母国である日本はなんと51位でした。あらら。。。そして、IQランキングで日本より上だった韓国は55位。そして、IQランキング1位の香港がまさかの71位、そして、中国が79位。意外にも中国が79位とは。てっきりもっと悪いと思っていたのですが。

まとめ

みなさん、いかがでしたか?

今回、この2つの統計調査について考察したわけですが、以下のことが言えるのではないでしょうか?

〇IQの高い国が必ずしも、国の幸福感度が高いとは言えない。

〇アジアより社会福祉の充実した欧州諸国のほうが国の幸福感が高い。

〇ひとりあたりの国民総生産が高い国に住んでいることが必ずしも幸福感が高いとは言えない。

人の幸福の定義なんて、所詮人それぞれです!!!

スポンサーリンク




投稿者: Dr.K

ようこそ、Dr.Kの台湾生活備忘録のサイトへ。
これまでの台湾生活の経験をもとにいろいろ有益な情報を発信していきたいと思います。
ブログの応援宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

4 × 3 =