台湾で観光客でもすぐ簡単にできる銀行口座開設の方法 それは、「中華民国統一證號基申請表」


スポンサーリンク



中華民国統一號基資表とは何?

台湾が大好きに年に何回も訪台する人も多いと思います。旅行の度に必ず経験するのが、両替時の為替レートの比率や帰国前に余る多量の硬貨などの問題です。そんなときにふと思うのが、現地の銀行口座があれば便利なのになーということです。

 

そんなあなたに朗報です!!!台湾非居住者であれ、居留証の不保持者であれ、実は簡単な手続きで台湾現地の銀行(郵便局含む)の口座を開設することができるのです。その際に必ず必要となるのが「中華民国統一證號基資表」と呼ばれるものです。以下の写真がその実物です。なお、この「中華民国統一證號基資表」に記載されている統一證號の番号は、後に取得する居留証のID番号と同じ数字です。

じゃあ、中華民国統一號基資表はどこでどのように申請すればいいの?

申請場所:台湾の各移民局

台南の移民局のアクセスについてはこちらをご参照ください。

 

申請に必要な書類:

〇パスポート原本とコピー1枚

〇中華民国統一證號申請表(移民局で入手)

 

手数料:無料

必要日数:即日発行

上が中華民国統一證號申請表です。申請人の住所は台湾在住の宿泊先か台湾人の友達の住所で大丈夫です。また、電話番号は台湾の携帯番号を明記します。(台湾到着後、空港などで短期使用のプリペイド式SIMカードを購入すると電話番号がついてきます。)

この申請表に不備な点がなければすぐに中華民国統一證號基資表を発行してもらえます。

 

台湾留学生とした訪台した人へのワンポイントアドバイス

台湾の大学(院)に正規留学として訪台した人のほとんどは、日本で居留ビザを取得して台湾に入国されると思います。そして、台湾入国後15日以内に移民局で居留証の申請をしなければいけません。しかし、みなさんの中には居留証を取得する前にどうしても先に銀行口座開設のために中華民国統一證號基資表を取得したいという人がいると思います。

 

そこで、一番効率の良い方法は学校でさっさと学費などを支払って領収書をもらい、居留証の申請必要書類一式と共に移民局へ持参しましょう。つまり、移民局への一度の訪問で、この中華民国統一證號基資表と居留証の申請手続きを同時に行うのです。

 

こうすることで、先に中華民国統一證號基資表を取得してその足で銀行へ行き口座の開設。そして、後日移民局へ行き居留証を取得という流れになります。これが一番効率の良い方法です。

 

じゃあ、台湾でどこの銀行で口座開設をするのが楽ちんなんだろうか?

では、中華民国統一證號基資表を取得したのはいいけれど、実際にどこで口座開設をするのがいいのか?と迷う人も多いと思います。そこで、ぼくは試しに3つの銀行で口座開設をしに行ってきました。そして、実験の結果、一番のお勧めは郵便局です。

 

お勧めNO.1はやっぱり郵便局

お勧めの理由

〇台湾全土どこにでも支店、ATMがあり現金の入出金が便利

〇口座開設時に必要な入金額はたったNT$100

〇口座開設の手続き時間が通常の場合30分程度完了。ネットバンクの利用も申請するなら

計40~45分程度終了。

〇口座開設と同時に外貨の両替もできます。郵便局の交換レートは他の銀行に比べると若干悪いですが、手数料はゼロですので総合的に判断すればお得だと思います。

 

郵便局での口座開設に必要な書類

〇印鑑(氏名全てが刻印されているもの。苗字だけはだめ)

印鑑なき場合はサインでもいいが、台湾は日本同様に印鑑社会なので、印鑑がベター

〇中華民国統一證號基資表の原本とコピー1枚

〇パスポートの原本とコピー1枚

〇デポジットNT$100

 

ワンポイントアドバイス

〇郵便局のキャッシュカードにはVISAのクレジット機能を希望すればつけることができます。今後の生活の利便性を考慮してぜひこの機能をつけておくといいでしょう。

また、ネットバンキング機能も申請しましょう。なお、キャッシュカードの発行に営業日3-4日程度を要するので、後日郵便局を再度訪れる必要性があります。これが唯一のデメリットです。

 

台北富邦銀行もなかなかいい!!

昔もこの銀行口座を利用したことがあり印象がよかったので、再度口座を開設することにしました。

 

お勧めの理由:

〇職員の対応が丁寧

〇口座開設に必要な時間は混んでなければ40-50分

〇口座開設時のデポジットは不要

〇キャッシュカードは通帳と共に即日もらえる

 

口座開設に必要な書類

〇パスポート原本とコピー1枚

〇中華民国統一證號基資表の原本とコピー1枚

〇印鑑(氏名全てが刻印されているもの。苗字だけはだめ)

印鑑なき場合はサインでもOK

〇第二の身分証明書(日本の運転免許やマイナンバーなど)原本とコピー1枚

〇台湾の住所(滞在ホテル或いは台湾人の友達の住所)と電話番号

 

デメリット

〇パスポート以外の第2の身分証明書が必要

〇台湾の住所と電話番号が必要

〇ネットバンクを申請するには、居留証取得後でないとできない

 

國泰世華銀行はやめた!!

ぼくは当初、この銀行で口座開設をするつもりでしたが、やめました。ブログなどを見ていると、日本人の中でこの銀行の口座を開設する人がそこそこいるようです。その理由は、ATMが地下鉄やファミリマートにあって便利だからだということのようです。

 

しかし、ぼくがこの銀行の受付に行ったとき、口座開設にNT$1000のデポジットが必要なこと、外貨の両替をしようとしたら、レートも今いちのくせにNT$100の手数料もとるということなのでメリットがないのでやめました。また、銀行内の混み具合もひどいのにも嫌気がしました。

 

 

台湾の銀行で口座開設をする際に、おそらくどの銀行でも要求される項目

 

〇顔認証のための顔写真撮影(手続きはものの数秒で完了)

 

〇職員から「なぜ口座が必要なの?」と質問されるので、「台湾で生活する上で貯金したりする必要がある。」、奨学生であれば「学校よりの奨学金の入金に必要」、観光客であれば、「年に数回旅行に来るので、毎回両替するのが面倒なので、現地口座に入金しておきたい」などと返答すれば大丈夫です。

 

今回ぼくが申請した銀行の通帳とキャッシュカードの画像

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

18 − fourteen =