中国語専門のDr.Kが選ぶ本当に価値ある中国語の資格


スポンサーリンク




 

みなさん、こんにちは。

中国語の学習をしていると一度は中国語の資格試験を受ける人も多いと思います。ぼくもこれまで様々な資格試験を受けてきました。

そこで、中国語教育を専攻し通訳案内士として仕事をしているぼくが本当に受ける価値のある中国語資格について説明します。その前に、ちゃんと中国語教育を専攻していたことを証明するために以下の修士学位を掲載しておきますね。

IMG_1603

受ける価値のある資格

TOCFL(華語文能力測驗)

試験開発国:台湾

日本受験:可能

レベル範囲:入門級~精通級の6段階

受験目的:台湾の大学受験、台湾奨学金の申請など

管理人推薦度:★★★☆☆

コメント:日本での認知度はまだ低いが、世界各国で受験できる会場が年々増加。台湾留学や繁体字で試験を受験したい人にはおすすめ。

HSK

試験開発国:中国

日本受験:可能

レベル範囲:1級~6級の6段階(6級が最高)

受験目的:中国留学、中国政府奨学金の申請など

管理人推薦度:★★★★☆

コメント:やはり世界的認知度が一番高い。海外で中国語力を証明するのに役立つ。試験は簡体字で行われる。TOCFLとHSKの双方の資格を持っていれば十分です。

通訳案内士試験

 

試験開発国:日本

日本受験:可能

レベル範囲:範囲なし。

受験目的:中国語通訳案内士として働くため。

管理人推薦度:★★★★★

コメント:国家資格なので中国語通訳案内士として仕事が可能。台湾での受験も可能。

台湾にはこの資格受験のための受験対策コースが開講されている予備校もあります。この資格を持っていれば、いろいろとメリットがあるのでおすすめです。

受ける価値もない資格

中国語検定試験

試験開発国:日本

日本受験:可能

レベル範囲:準4級から1級の6段階(1級が最高)

受験目的:履歴書の資格欄に書くため、自分の実力確認。

管理人推薦度:☆☆☆☆☆

コメント:自己満足のために受けるのならどうぞ。1級は格段に難しい。試験自体、全然実用的ではない、実践社会では役に立たない。そもそも国家資格でもなければ、国際級資格でもない。受験するだけお金の無駄です。

C.TEST(実用中国語レベル認定試験)

試験開発国:中国

日本受験:可能

レベル範囲:試験は2種類。A-Dレベル<学習時間1000時間以上の方対象> Gレベル<学習時間150~300時間の方対象>

受験目的:履歴書の資格欄に書くため、自分の実力確認。

管理人推薦度:☆☆☆☆☆

コメント: 受ける価値なし。お金と時間の無駄です。

TECC(中国語コミュニケーション能力検定)

試験開発国:日本

日本受験:可能

レベル範囲:1000点満点。点数によりAからFの6段階(Aが最高)

受験目的:履歴書の資格欄に書くため、自分の実力確認。

管理人推薦度:☆☆☆☆☆

コメント: 受ける価値なし。お金と時間の無駄です。

BCT(ビジネス中国語検定)

試験開発国:中国

日本受験:可能

レベル範囲:BCT-A(初級)と2.BCT-B(中上級)

受験目的:履歴書の資格欄に書くため、自分の実力確認。

管理人推薦度:☆☆☆☆☆

コメント: 受ける価値なし。お金と時間の無駄です。

実用中国語検定

試験開発国:日本

日本受験:可能

レベル範囲:5級から1級の6段階(1級が最高)

受験目的:履歴書の資格欄に書くため、自分の実力確認。

管理人推薦度:☆☆☆☆☆

コメント: 受ける価値なし。お金と時間の無駄です。

くだらない資格はとるな!!!時間と金の無駄!!!

ざっくりと、中国語の資格試験について書いてきましたが、将来あなたが受験しようとするならば、「受ける価値のある資格」で書いた3つの資格だけを強くお勧めします。理由は、国際的知名度、資格取得後の活躍度、将来性などの観点から総合判断した結果です。

勉強好きな日本人はとかく資格マニアに走る人が多いです。でも、結局のところ、自己満足と人にすごいとほめてほしいという動機づけの人が大半です。ビジネスの世界でも同様ですが、実用性のないものなどに価値はありません

「受ける価値もない資格」に書いた資格は本当に受験するだけ無駄です。これらの資格主催団体は、金儲けのために「この資格を持っていると有利ですよ。メリットがありますよ。」なんていう嘘っぱちばかり書いています。詐欺に等しい行為です。実際にメリットがあるというなら、具体的に統計などの数値で根拠を示すべきです。

特に高校生や大学生諸君に伝えたい!!!

高校生、大学生のみなさん、あなたたちの貴重な青春の時間をこんなくだらないゴミのような資格試験のために時間やお金を費やすことはしないでください。学校の先生、親や同級生が言うから資格試験を受けるなどという行為は愚かです。

ぼくは大学院で中国語教育を専門として中国語資格に関する研究や実際に自分自身が資格試験を受けてきました。そして、それらの知識と経験をもとに総合的に判断してここで再度、申し上げます。「受ける価値もない資格」を受験するのはやめたほうがいいです。

資格試験は「実用性がどれだけあるか」でその価値が決まります。価値のないものはゴミと同じです。

study_animal_zou

現在、ブログのランキングに参加しています。
あなたの一票をもらえると、ブログ更新の励みになります。
ご協力お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

12 − seven =