大学(院)向けの推薦状ってどう書くの?(すべてを大公開!!)


スポンサーリンク



こんにちは。Dr.Kです。

今日は、台湾の大学(院)や台湾奨学金などの申請に必要となる推薦状の作成方法について書きます。学校にもよりますが、台湾の大学(院)への提出書類に推薦状が必要です。おそらく、多くの人が一度は頭を悩ます問題ではないかと思います。ぼくも本当にこの推薦状の手配には昔大いに悩みました。なぜなら、ぼくは大学時にゼミ教官とあまり仲がよくなかったこと、転職により昔の上司とも音信不通になっていたからです。一番困ったのは、大学時代の先生にお願いにいったら「嫌だ!」と拒否されました。ここでは、あえて拒否された理由は書きませんが、当時は「昔の教え子の一人なのだから書いてくれてもいいじゃないか!」とカチンと頭にきたものです。そこで、ぼくは発想をかえて他人は頼らない、自分の力でなしとげることを決意しました。そして、これまで推薦状が必要となる関門を全てクリアしてきました。

そこで、ぼくのこれまでの経験をもとに推薦状に関する情報を全て公開したいと思います。

推薦状に関する素朴な疑問点を見ていきたいと思います。

 

素朴な疑問:

其の一:そもそも、推薦状って何なの?なぜ必要なの?

そもそも、推薦状って何なの?という話なんですが、僕は昔申請した大学院の職員に直接質問しました。すると、以下の回答を得ることができました。

 

推薦状の目的:

〇志望者の合否判断の参考資料として活用

〇志望者が入学後ちゃんと真面目に勉強する人物であるかどうかについて、志望者をよく

 知る人物からの客観的な意見を聞きたい。

〇推薦状そのものに大きな意味合いはないが、昔から形式的に継続している。

 

上記の理由から判断すると、「推薦状の意義って形式的なものにすぎない」と言えるでしょう。

 

其の二:推薦状って誰に書いてもらうべきなの?

普通は、大学の教授や会社の上司などが一般的なようです。しかし、管理人はこれまで全部自分で書いてきました。そして、志望大学や奨学金などに9割の成績で合格しています。

推薦状なんかに無駄な時間や気力を使いたくないぼくは、まず自分で推薦状の下書きをします。そして、推薦者となってくれそうな人に依頼して相手のOKを得ます。あとは、推薦状の内容を確認してもらって問題なければ、署名かハンコ印をもらって完成です。推薦者も自分で作成する負担がない分、快く同意してくれる人が多いと思います。

 

其の三:推薦状の格式や内容ってどんな感じなの?

ぼくはが昔使用した推薦状をサンプルとして以下に表示します。

 

サンプル1

中国語版

用途:台湾奨学金の推薦状

評審委員大鑒:(審査員の方へ)

 

    本人任職於〇〇大學○○研究所教授,學生○○中華民國○○年度為本人的導生。身為他的導師,和他在校將近〇年時間的相處,看著他的中文能力日益進步,在就讀碩士班期間獲得平均○○分的優異成績,秉持著鼓勵人才努力向上的教育精神,在此鄭重向貴單位推薦這位優秀的人才。

 

○○勤學上進、自動自發,表現優異、思緒清晰。凡事皆能有規劃、有行動,是一個進退有則、積極熱忱的學生。

 

     在學業方面,他能按部就班,耐心的學習,在老師的諄諄教誨之下,成績日益進步,對於升學的目標也更加堅定。下課時間,經常可以把握時間到研究室,請問老師一些疑問,解決心中難題,這份為學的熱誠,值得嘉許。

 

     平日與同學的互動關係,相當的良善,在○○的社團中,可以目睹和樂融融的氣氛,一齊努力為練習場上的同學而加油,希望可以為班上贏得○○;在全校的各項競賽裡,也能與同學合作無間,協同一致,展現出團結和諧、愛護榮譽的團隊精神。
    ○○同學能夠保持穩定的學習態度,追求更大的進步空間,具備耐力、毅力,深信他的這份奮鬥過程,值得肯定。

 

 本人多次與之相談,他要申請臺灣的研究所博士班,並努力充實相關知識。今得知該生欲申請臺灣教育部之獎學金,本人樂於向貴單位推薦○○同學,期授予該生此項獎學金,俾使其更能專心致力於學業發展。

 

 

 

此致                                                                        指導教授:○○○

台北駐日經濟文化代表處                                                                    

                                                                                                                           中華民國○○年〇月〇日

 

サンプル2

用途:志望大学院への推薦状

評審委員大鑒:

茲有日本學生○○,於中華民國○○年〇月〇日起,就讀○○大學。

○○同學個性溫和耿直,和同儕相處和樂。於本班就讀期間,認真參與課堂討論,表現優異,不論聽、說、讀、寫、各方面均有長足進步。

據本人觀察,該生確為一有志向學之優秀學生,不僅具備語言溝通能力,更能主動學習,擬妥各項學習計畫,有強烈企圖心。本人多次與之相談,他要申請○○博士班,並努力充實相關知識。本人樂於向貴單位推薦○○同學,期授予該生機會,俾使其更能專心致力於學業發展。

此致 ○○大學                                                                                                                        指導教師:○○○

                                                                                                                                                               

中華民國○○年〇月〇日

 

 

サンプル3

用途:志望大学院への推薦状   

英語版

○○ University ☚ここには大学のレターヘッド或いはロゴを入れる。

大學の住所

JAPAN

Telephone:

Fax:     

                                                                

志望大学の宛名

Office of Admission

DEPARTMENT OF○○

○○ UNIVERSITY

 

To whom it may concern(関係各位へ)

 

It is my pleasure to recommend Mr. ○○ for admission to your excellent University. As a professor of Development of ○○, ○○ University, I have known him since he entered our school in○○. He was attentive in my class, and received a good grade.

 

Mr. ○○has shown himself to be a very mature and hard-working individual, possessing admirable character. Additionally, he can communicate with foreign classmates in English. His clearly demonstrated ability and determination will serve him in your program.

 

I believe not only that Mr. ○○ will gain much from the opportunities and experience afforded him by your university , but also that he will perform admirably and greatly contribute to your program. Mr. ○○ is an outstanding person, and I give him my full recommendation.

 

Sincerely yours,

 

署名欄

                                    

○○○○

Faculty of ○○

○○ University

 

サンプルをご覧いただければおわかりのとおり、推薦状の内容構成がおおまかに次のようになっています。

 

出身大学  ☚大学のレターヘッドかロゴを明記します。

住所

志望大学の宛名

審査員の方へ:

推薦文

1段目 推薦者の紹介と被推薦人との関係(いつからの知り合いなのか)

2段目 被推薦人の人物像、学業態度、成績、協調性など

3段目 2段目の理由により、推薦者は被推薦人を貴校へ強く推薦する。

 

推薦者の肩書

署名

 

まあ、ざっとこんな流れになると思います。サンプルの内容は非常にシンプルな内容となっています。それでもぼくはちゃんと合格していますので問題ありません。Simple is bestです。

 

其の四:推薦状の格式と内容量はどのくらい?

 

A4サイズ1ページで十分です。中には2ページ以上書く人もいますが、はっきりいって時間の無駄です。試験官も多量の応募書類に丁寧に時間をさいている余裕はそれほどありません。

 

其の五:推薦状の折り方と封筒はどんな感じなの?

 

推薦状は三つ折りが基本です。そして、封筒はできれば推薦者の組織の封筒がよいでしょう。しかし、無理なら市販の茶色や白色の封筒で十分です。封筒の表書きは「推薦状」でOK。裏は推薦した者の名前を明記します。

 

以上にわたって説明してきましたが、いかがだったでしょうか?ぼくの結論は「推薦状をあまり気にする必要はない。自分で作成してOK,ただし内容は真実を書くこと」です。では、みなさんのご検討をお祈りします。

 

 

スポンサーリンク




投稿者: Dr.K

ようこそ、Dr.Kの台湾生活備忘録のサイトへ。
これまでの台湾生活の経験をもとにいろいろ有益な情報を発信していきたいと思います。
ブログの応援宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

9 + fifteen =