台湾でバイクを運転!!しまった!交通違反してしまったよ!!しかし!!


みなさん、こんにちは。

台湾でバイクを運転したことありますか?

今日は、「日本の運転免許証の中国語翻訳文の入手方法」とぼくの台湾での運転の備忘録を書きます。ぼくは2016年の夏に台湾をバイクでツーリングするために、日本で日本の運転免許証の中国語翻訳文を申請する手続きをしました。先にこの取得した日本の運転免許証の中国語翻訳文についての感想をいいますと、「手数料は高かったが、現地では意外とスムーズにバイクをレンタルすることができた」ということです。やはり、台湾に観光する予定のある人はとりあえず、この運転免許証の中国語翻訳文を持っているほうがいいと思いますよ。

 では、早速この運転免許証の中国語翻訳文についてもう少し詳しく見ていきましょう。まず、この日本の運転免許証の中国語翻訳文は中国語では「日本駕照中文翻譯」といいます。直訳そのまんまやんけ!!それで、現物は以下の写真を参考にしてください。計2枚になります。1枚目は運転免許保持者の個人情報の明記があり、2枚目は「日本駕駛執照適用台灣駕駛執照表」というもので、日本語訳すると「日本運転免許証と台湾運転免許証の適用対照表」といったところでしょうか。直訳ですみません。詳細はこちらをご覧ください。内容を要約すれば、保有している日本の運転免許証で台湾で何が運転できるのかについてその内容が明記されています。ぼくの運転免許証はいわゆる「第一種運転免許」で運転条件欄に「中型8t車に限る」と明記されているものです。ですから、当然台湾で運転できるのは50cc以下の原チャリと普通自動車となります。

 

日本駕照中文翻譯1枚目

 

IMG_1518

日本駕駛執照適用台灣駕駛執照表2枚目

IMG_1519

 

 

 次に、じゃあどこでどうやって申請すればいいのかについて説明します。

 

〇入手場所

台湾在住者:交流協会台北事務所か交流協会高雄事務所となります。

日本在住者:居住地域にある最寄りのJAF

 

〇手数料:1通につき3,394円(消費税込み)

 

〇所要日数:即日~2週間程度 (僕の場合は1週間くらいでした。)

 

〇申請方法:2とおり

1.居住地区にある最寄りのJAFに直接行って申し込む。

2.JAFへ申請書類一式を郵送する。

 

その他の詳細事項については、こちらを参考にしてください。

僕は、JAFへ書類一式を郵送しました。これが一番楽な方法だと思います。

 

備忘録:

ぼくは昨年夏に花蓮、嘉義、台南、台中エリアをバイクでツーリングしました。そこで、どの場所でもレンタルバイクを借りる際に、先ほどの日本の運転免許証の中国語翻訳文(日本駕照中文翻譯)を提示すると、簡単にバイクを貸してくれました。バイク店によっては、デポジット代わりとしてパスポート原本の預かりを要求されました。バイク返却時にちゃんと返却してくれたので問題ありませんでした。

さて、ここで今後台湾でツーリングを予定されている人にお伝えしたいことがあります。それは、台湾は実に融通がきくということです。

どういうことかというと、僕は合計4か所のバイク店でバイクをレンタルしたのですが、通常ならばぼくは50cc以下のバイクしかレンタルできないはずなのですが、そこは台湾!!交渉したら125ccのバイクを貸してくれました。さすがに150ccは無理でした。それでも125ccなら少し飛ばしながら上り坂もスイスイと走れて気持ちいいです。レンタル料金は平均でNT$500-700/日くらいでした。

〇もしレンタルバイクで交通違反したらどうなるの?

現行犯の場合、キップをきられるのですぐに罰金を支払いましょう。しかし、ぼくは警官に「ぼくは日本人で、今休暇を利用して台湾観光をしています。台湾が大好きです。速度違反してすみません。」と感情に訴えると、なんと!!!「中国語できるんだね。台湾がそんなに好きなのか。じゃあ、今回だけ見逃してあげるよ。気を付けて運転しろよ。」と警官は笑顔でぼくを見逃してくれました。「まさに神!!!」実は、ぼくはこれまでにもこういう経験が3回ありました。いや、本当はこういうことはしてはダメなんですけどね。なんというか、台湾人は人情にあつい人が多いんですよ。だから、もし台湾で現行犯で警官に呼び止められたら台湾人の感情に訴えろ!!!これが裏技です。ただし、ぼくのケースは大変稀だと思うので、台湾の交通法規を順守して運転してくださいね。特にオービスによる速度違反となると、後日バイク店に通知が行きバイクのお店に大変ご迷惑をおかけすることになります。故に、オービスを通過したときに「バシャ」と写真をとられた感じがしたときは、正直にバイクを返却するときに店主に報告して日本の連絡先を伝えておきましょう。これが日本人としての礼儀だと思います。もちろん、ぼくは毎回バイク店の人に名刺を渡しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2 × four =