台湾のトップ4校「台成清交」ってどんな大学なの?


 

前回、台湾の私立大学のランキングについてブログを書きました。今回は、台湾の国立大学トップ4校である台湾大学、成功大学、清華大学、交通大学、総じて「台成清交」について、各大学の特徴などについて書きます。

台湾大學

管理人のおススメ度:★★★★★

場所: 台北市羅斯福路四段1号

教職員数:不明

学生数:約33,000人

特徴: 台湾最高学府の大学。現在、11学院(学部及び研究科)・54学系(学科)・96研究所(専攻)・33研究中心(研究所)を有する。著名な卒業者として、李登輝・陳水扁・馬英九・蔡英文ら4人の中華民国総統がいる。最高学府ということで、台湾政府からの補助金も豊富なため教育施設はかなり充実している。学生にとっては最高の学習環境。大学周辺には学生街があり、手ごろで食事が楽しめる。また、交通の便もよく大学近くにはMRTがある。

強い学部:電子機器学部、外国語学部、法律学部

日本の大学に例えると:東京大学

管理人のコメント:

国内外の認知度が高い大学。故に、国内外から優秀な教師陣や学生が集まります。勉強好きな人にはもってこいの大学です。ただし、ナンバーワンであるからこそ、日々の学業はとてもハードです。知り合いの日本人が正規学生として在籍していますが、かなり大変らしいですが、キャンパスライフは充実しているとのことです。管理人もよくこの大学に行きましたが、校内がとてつもなく広く自転車がないと移動が大変です。外国人は台湾の大学に合格しやすいという話をよく聞きますが、台湾大学はそう簡単には受かりません。書類選考だけでなく、学部によっては面接があります。ですので、しっかりとした学習計画の対策が必要となります。学問で高みを目指したい人にはお勧めの大学だと思います。

成功大學

管理人のおススメ度:★★★★★

場所:台南市 台南駅の後ろ側

専任教師数:1,327人(2017年03月)

学生数:20,280人(2017年03月)

特徴: 台湾ナンバー2の大学で、大学の名前は鄭成功に由来。雑誌Cheers掲載の「2016年企業最愛大学生(2016年企業が最も欲しい大学生)では、台湾大学に次ぎ2位にランクインし、過去20年間トップ1~2位の間を常にキープし続ける台湾企業に人気のある大学。

大學周辺には学生街があり、安くて美味しいお店が多い。成功大学のキャンパス内には、昭和天皇が台湾を訪問した際、軍の視察の為成功大学を訪れた記念に植樹されたというガジュマルの樹があり、とても有名です。授業に疲れた学生らがこの樹の木陰で休憩する姿も見られます。

強い学部:工学、技術、医学などの理工系

日本の大学に例えると:京都大学

管理人のコメント: 台北に比べ日本人数が少ない台南で勉強したい人にはお勧めです。実は、ぼくも今年9月からこの大学の博士課程に進学します。決め手は大学の知名度、グルメや物価の安さです。同大学には、日本人学生が組織する成大日本人会があり、成大に関する質問や現地生活について相談に乗ってくれます。また、UISAという外国人留学生の組織があり、そこでもいろんな相談にのってくれるなど外国人同士の交流の場があります。

清華大學

管理人のおススメ度:★★★☆☆

場所: 新竹市

教職員数:659人(2016年)

学生数:不明

特徴:この大学は昔から理工系が強いことで有名であるが、それ以外にも生命科学の分野にも力を入れている。また、原子科学学部があるのが特徴である。清華大學だというと理工系のイメージが強いが、そのほかにも人文社会学部では、外国語文学、言語学、人類学、哲学、アジア文化など幅広い分野がある。デザインや音楽などの芸術学部があるのも興味深い。

強い学部:電機情報学部、生命科学

日本の大学に例えると:東京工業大学

管理人のコメント: 理工系の志望者で、将来科学分野で研究職につきたい人にはお勧めです。トップ4校のひとつだけあって、大学内の実験施設や教授陣などいずれも素晴らしいです。

交通大學

管理人のおススメ度:★★☆☆☆

場所: 新竹市

教員数:不明

学生数:約15,000人

特徴:トップ4校の中では実学に重点を置いた大学。大学の校章にあるESAの意味は工学(Engineering)、科学(Science)、管理(Administration)の頭文字を意味し、大学として一流のエンジニア、科学者、経営者や研究者を育成し世に輩出すことを目指している。人文社会学部もあるが、実際のところ理工系の大学である。

強い学部:電子工学系

日本の大学に例えると:東京工業大学

管理人のコメント: ぼくは一度この大学を訪問したことがありますが、キャンパス全体をみても完全な理工系といった印象を受けました。理数系志望の方であれば、この大学で学ぶ価値は大きいと思います。キャンパス内で見かける日本人もあまり見られなかったこと、この大学で学ぶ日本人のブログが少ないことなどから推測して、理工系志望以外の人が進む大学ではないなと判断し、2つ星としました。

台湾の大学は世界ランキングで何位なの??

次に、台湾の大学は世界レベルでいうとどのくらいの位置にあるのかについてみたいと思います。6月8日にイギリスのクアクアレリ・シモンズ(以下QS)が世界の大学965校を対象に世界大学ランキングを発表しました。 注)クアクアレリ・シモンズ:グローバル高等教育評価機関

この調査結果によると、台湾の大学の世界ランキングは以下の結果となりました。台湾のトップ4校についてみると、台湾大学76位、清華大学161位、交通大学207位、成功大学222位でした。唯一トップ100にランクインしたのは台湾大学だけでした。

ちなみに、このランキングの評価方法ですが、「研究者からの評価(40%)」、「企業による評判(10%)」、「学生1人あたりの教員数(20%)」、「教員1人あたりの論文引用数(20%)」、「外国人教員比率(5%)・留学生比率(5%)」を基準に評価したものです。

参考までに日本の大学の世界ランキング上位をみると、東京大学28位、京都大学36位、東京工業大学56位、大阪大学63位となっており、トップ100には日本の大学計6校がランクインしています。

clip_image002

(出所)QS World University Rankings 2018(2018年QS世界大学ランキング)

アジアのトップ大学ってどこ?

管理人の興味ついでにアジアのトップ大学について調べてみました。すると、以下の結果となりました。

アジアの大学トップ10

1位 南洋工科大学(シンガポール) (世界ランク:11位)

2位 国立シンガポール大学(シンガポール)(世界ランク:15位)

3位 清華大学(中国)(世界ランク:25位)

4位 香港大学(世界ランク:26位)

5位 東京大学(世界ランク:28位)

6位 香港科学技術大学(世界ランク:30位)

7位 京都大学、ソウル大学(世界ランク:36位)

8位 北京大学(世界ランク:38位)

9位 復旦大学(世界ランク:40位)

10位 KAIST(韓国科学技術院)(世界ランク:41位)

みなさん、いかがだったでしょうか?こうみると、アジアの大学も年々レベルが上がってきていますね。これからもアジアの大学、台湾の大学も更なる躍進を期待したいですね。

 

champion_board


投稿者: Dr.K

ようこそ、Dr.Kの台湾生活備忘録のサイトへ。
これまでの台湾生活の経験をもとにいろいろ有益な情報を発信していきたいと思います。
ブログの応援宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2 × 3 =