パナマ、金で台湾を裏切った!!台湾と国交のある国残り20か国!!


 

つい先日、ニュースで「パナマが中国と国交を樹立し、台湾と断交!!」したと報道していましたね。ぼくもこのニュースを聞いてびっくりしました。2016年12月にアフリカの島嶼国サントメ・プリンシペと断交して以来の台湾にとって衝撃的な外交ニュースとなりました。

では、なぜ今回台湾がサントメ・プリンシペとの断交時と比べて大きな衝撃を受けているのでしょうか?実は、台湾とパナマの外交関係は古く清朝時代より約100年間続いてきました。それが、今回中国がパナマと国交を樹立する代わりに台湾との断交をパナマに迫ったわけです。100年近くの両国関係が大きな経済力(=お金)によってぶち壊されたわけです。そりゃ、台湾政府にすれば非常にショックな出来事です。中国は台湾の国際的孤立を狙っているのです。

まあ、なんとも姑息な外交政策ですね。経済力にものをいわせて台湾と他国の友好関係でさえ破壊しようとする行為には多くの国や人々が反感をいだいていると思います。今後、中国が広域経済圏構想「一帯一路」を通じて国際的な経済的影響力を強め、中南米諸国に対して台湾との断交を迫る可能性が懸念されます。

参考:

一帯一路:中国が形成を目指す経済・外交圏構想。2013年に習近平国家主席が提唱。中国西部から中央アジアと欧州を結ぶ「シルクロード経済帯」(一帯)と、中国沿岸部から東南アジア-インド-アフリカ-中東-欧州と連なる「21世紀海上シルクロード」(一路)からなる。

現在、台湾と国交のある国はたった20か国!!!(2017年6月現在)

大洋州(6か国) ツバル,ソロモン諸島,マーシャル諸島共和国,パラオ共和国,キリバス共和国,ナウル共和国
欧州(1か国 バチカン
中南米・カリブ(11か国) ドミニカ共和国,グアテマラ,エルサルバドル,パラグアイ,ホンジュラス,ハイチ,ベリーズ,セントビンセント,セントクリストファー・ネーヴィス,ニカラグア,セントルシア
アフリカ(2か国) スワジランド,ブルキナファソ

(出典:日本外務省ホームページより編集

台湾に対する日本の政治的立場ってどうなってるの?

日本:

サンフランシスコ平和条約第二条での日本政府の見解:

「我が国は、サンフランシスコ平和条約第二条より、台湾に対するすべての権利、権原及び請求権を放棄しているので、台湾の法的地位に関して独自の認定を行う立場にない」となっています。

日中共同声明での日本の見解:

「中華人民共和国政府は、台湾が中華人民共和国の領土の不可分の一部であることを重ねて表明する。日本政府は、この中華人民共和国政府の立場を十分理解し、尊重し、ポツダム宣言第八項に基づく立場を堅持する。」

つまり、中国のいう「台湾が中華人民共和国の領土の不可分の一部である」という主張に対し、理解して尊重はするけど、台湾が中国領土の一部だなんて同意はしてませんよ。というのが日本の結論になるのではないでしょうか。ここにも日本の事なかれ主義が伺えますね。

台湾問題に関する管理人の見解:

ぼくは過去に台湾で約10年近く暮らした経験もあり、個人的にみればぼくの中では台湾はすでに独立国家なのです。故に、中国政府がなんと言おうが無視すればいいだけだと考えています。一番大事なのは、約2300万人の台湾人が現在、未来にわたって平和で幸福に生活できることです。この目的を達成し維持するためにも、下手に中国を怒らす必要はないと思います。避けるべきは戦争です。戦争になれば多くの犠牲者がでるだけです。

以上のことを踏まえ、ぼくは表向きには「現状維持」がベストだと考えます。

hato_olive


投稿者: Dr.K

ようこそ、Dr.Kの台湾生活備忘録のサイトへ。
これまでの台湾生活の経験をもとにいろいろ有益な情報を発信していきたいと思います。
ブログの応援宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

3 × 5 =