琉球周圍的小島的故事(沖縄にある小さな島のお話)


大家好!!!

我是Kano。

大家有沒有去過琉球(沖縄縣)?

琉球是個風景很美麗的小島,每年很多旅客去觀光的地方。

要談的是琉球周圍的小島的故事。

其實,琉球周圍有很多小島,比如說,有美、渡嘉敷、宮古島等。

這些離島真的好美,因此吸引了不少人來玩兒。

或許你們看過小孤島大醫生(Dr.コトー診療所),是一個連續劇。

這些離島裡每年幾乎都沒有交通事故,你知道為什麼嗎?

因為這些離島裡本來沒有足夠的醫生,因此一旦你受傷了,可能沒有人救你的命。

離島的人都知道這點,所以離島的住民都開車時會非常注意。

因為他們都住在一個小島裡,所以大家都互相認識的,就是說,大家就像一個家族。

家族的人都會覺得不想傷害自己人,所以他們平常都會在乎對方。

不過,隨著離島的人口增加,本來家族的關係漸漸變陌生,最後不在乎對方了。

結果,車禍會比以前多。

從這個觀點來看,飲酒車禍數量一直無法減少的主要原因在於我們根本不在乎別人的緣故。

我自己深深的知道大多數的台灣人都有人情味,不過還是漸漸不在乎別人了。

我平常聽到很多台灣朋友會說「不關我的事」這句話,不過我一聽到這句話自己會有點難過.

也許有些事情真的跟你無關,不過還是我希望台灣的朋友們把你一點點的關心給其他人.

如果大家都開始關心別人的話,我相信台灣的未來一定會變更好的世外桃源。

琉球とも呼ばれる沖縄にはたくさんの美しい島々があり、毎年多くの観光客が訪れる人気の観光スポット。今回は、そんな沖縄からの心温まるおはなしです。

琉球には、有美、渡嘉敷、宮古島といった小島がたくさんあり、その自然豊かな美しさにたくさんの観光客が魅了されます。昔、連続ドラマで放送されたDr.コトー診療所を見た方もいると思います。まさにあのドラマにでてくる美しい自然が魅力なのです。

聞く話によると、この島々では交通事故は少ないそうです。みなさん、なぜだと思いますか?このような小さな離島ではお医者さんの数が少なく、もし交通事故で負傷者がでると命を救うことができる人がほとんどいないわけです。島の人はみんなこの事実をよく理解しています。だから、島の住民は車を運転するときは事故を起こさないようにと細心の注意を払うわけです。みんながお互いのことを思いやり、まるで本当の家族のような関係なのです。そんな家族のような関係だからこそ身内の者を傷つけたくない、そういう優しい思いがあるんです。

しかし、人が増え始めるとそんな家族関係が薄れ、相手のことを思いやる気持ちが徐々に薄れてしまいます。結果、交通事故の数が増えます。

このお話からわかることは、今日交通事故の数があまり減少しない理由は、ぼくたちが相手のことを全く気にかけないようになってきたところにあるのではないでしょうか。ぼくの留学経験から台湾人はとても人情味のある人たちが多いです。しかし、残念なことにそんな人情味をもった人がだんだんと減ってきているような感じもします。台湾人はよく「不關我的事(わたしには関係のないこと)」という口癖があります。ぼくはこの言葉を聞くとなんだか悲しく感じます。ある事情は本当にあなたには関係のないことかもしれません、しかし、ほんの少しでもあなたの関心を相手にあげましょう。もし、みんながそうすれば、台湾の未来はきっとさらによい桃源郷のような国になると思います。もちろん、ぼくたち日本人も日常の殺伐としたストレス社会の中でなかなか相手のことを気に掛ける心の余裕は少ないかもしれないけれど、そんなときは一呼吸して困っている人に「大丈夫ですか?」の優しい一言をかけられるような人がひとりでも増えれば素晴らしいだろうなと思います。


投稿者: Dr.K

ようこそ、Dr.Kの台湾生活備忘録のサイトへ。
これまでの台湾生活の経験をもとにいろいろ有益な情報を発信していきたいと思います。
ブログの応援宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

one × four =